調査データ

新幹線駅で最速のiPhone 5sはどこのキャリア? ――ICT総研が全97駅で調査

文◎business network.jp編集部 2013.11.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ICT総研は2013年11月12日、新幹線全97駅でiPhone 5sの電波状況を調査した結果を発表した。調査期間は10月24日から11月5日まで。駅ホーム、改札付近、駅前広場の3地点で通信速度を実測したという。なお、冬季のみ営業のガーラ湯沢駅は除外されている。

調査結果によると、全97駅全291地点のすべてでLTEを受信できたのはKDDI(au)のiPhone 5s。NTTドコモは288地点(99.0%)、ソフトバンクモバイルは269地点(92.4%)でLTEを受信できた。

291地点の平均下り速度についてもトップは、平均23.68Mbpsのauだった。次いでソフトバンクが19.05Mbpsで2位、ドコモは17.88Mbpsだった。平均上り速度に関しては、ソフトバンクが9.75Mbpsで1位、auは8.78Mbps、ドコモは4.69Mbpsとなっている。

ICT総研ではauについて、「同社が「LTEの全国実人口カバー率97%」と公表する800MHz帯にiPhone 5sが対応したことの効果が如実に表れており、LTE受信可能エリアが急拡大していると実感できる」と指摘している。


新幹線全97駅でのiPhone 5sの電波状況

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます