企業ネットワーク最前線

M2Mイノベーションの時代[第2回]

コネクテッド・ビークルの世紀へ――M2Mで加速する車のインテリジェント化

文◎橋本清治(M2モビリティー) 2013.05.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワークに常時接続する車、「Connected Vehicle(コネクテッド・ビークル)」が増加している。2016年には、半数の車がConnected Vehicleになっているという予測もある。今回は、M2Mにより加速する車のインテリジェント化について紹介する。

1.Connected Vehicleの先駆け: GM OnStar

Connected Vehicle(コネクテッド・ビークル、以下CV)とは、ネットワークへの常時接続に対応した車両のことだ。ABIリサーチ社の推計によると2010年にグローバルで約10%の車両がCV化しており、さらに2016年には約53%がCVになっているという。近い将来、車両の2台に1台がネットワークに常時接続しているわけだ。

米GM(ゼネラルモーターズ)は早くからCV向けのテレマティクスシステム及びサービスを開発し、CVサービスの先駆け的な存在となっている。同社のサービスは「OnStar」のブランド名で展開されており、登場したのは1997年。米ベライゾンワイヤレスの携帯通信網を利用した常時接続通信とGPS機能を搭載したシステム及びサービスは当時、革新的で非常に珍しいものだった。

GMのOnStarの名を一躍有名にしたのは、なかでも車衝突時の自動検出と救出サービスである。このサービスは、車両に異常(加速度センサーによる急ブレーキの検出、エアバックの起動など)が発生すると、車両内のシステムがその状態を自動的にOnStarセンターに送信。GPSで位置を特定し、事故者の救出に向かうというものである。

OnStarが一般的なロードサービスと異なるのは、事故を起こした当人が連絡をする必要なく、自動的にサービスが行われる点だ。

本サービスは有料であるが、必要な機器は最初から車両に搭載され、後はサービスに加入するだけで利用できる。現在OnStarは、GMとは独立したサービス事業者が提供しており、24時間365日運用を行っている。また、2000万人以上の加入者を擁しており、ルームミラー型の後付機器である「OnStar FMV」を取り付けることで、GM製の車両以外でも利用可能だ。


OnStar
OnStarのWebサイト(https://www.onstar.com/web/portal/emergencyexplore?tab=1


OnStarは今も発展し続けており、いろいろな新サービスが加わっている。特徴的なのはSOSサービスと盗難車追跡サービスだ。SOSサービスは文字通り車内に設置された赤いSOSボタンを押すと、SOSがセンターに自動通知され救出が行われるというもの。盗難車追跡サービスでは盗難車の追跡を行うだけでなく、盗難車の車速を遠隔から徐々に減速させ、最後は停止させるということまでできる。

 

[連載目次]M2Mイノベーションの時代

スペシャルトピックスPR

microsoft2007
marubun2007
intel2007

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】オフィスのNew Normal
●オフィスに“不可逆的”変化 ●企業LAN/WANのニューノーマル ●ワーケーションは出島戦略 ●IoT活用で「3密」を回避 ●データで作る可変オフィス など

[インタビュー]NTTコミュニケーションズ 丸岡亨社長「DXのプラットフォーマーへ」 [ソリューション特集]ビット単価低下やコロナに負けないネットワーク監視/スマートホスピタルへの第一歩 【技術&トレンド】10m以上先へ無線で給電 【ビジネス最前線】IIJが描く5G時代のMVNO ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

ディアイティOffice 365が遅い、
情報漏洩が心配…を解決する方法

実はCASB×DLPで全部解決できた! Forcepointが全てを叶える。

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

パロアルトネットワークスSASE実現するクラウドセキュリティ
従業員は意識せず安全なテレワーク

GWの逼迫解消、ローカルブレイクアウト、ユーザーの快適さを一挙に!

Microsoft Teams会議から1万人の仮想イベントまで
コラボの場はリアルからTeamsへ

Microsoft Teamsの利用が急増中だ。
4月時点の利用者数は1日7500万人!

丸文ローカル5G“実用化”へ万全の備えを
試験・置局、セキュリティまで網羅

ローカル5Gには何が必要か。長年キャリアを支援する丸文に尋ねた。

インテルネットワーク変革をインテルが牽引
仮想化技術でローカル5Gにも貢献

インテルの5Gビジネスが加速してきた。ローカル5Gにも取り組む。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン8K対応/安定性/超低遅延
選べる3つのライブ配信サービス

自社だけでは困難な高品質ライブ配信をライムライトが強力サポート!

クラウド&サービスプロバイダ向けのオンラインイベント「新たな時代に向けたネットワーク」通信事業者の新たな時代に向けた
ネットワーク「Telcoクラウド」

ジュニパーのクラウド&サービスプロバイダ向けバーチャルサミット!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます