企業ネットワーク最前線

M2Mイノベーションの時代[第1回]

M2Mの最有力サービス「テレマティクス」は欧米ではすでに第2フェーズに入った

文◎橋本清治(M2モビリティー) 2013.04.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米国の自動車保険会社Progressiveの走行データ
連動型保険商品「Snapshot」用デバイス

M2M(Machine to Machine)を活用すると、どんなイノベーションが可能なのか。本連載では、世界の先駆的事例などを通して、M2Mでビジネスやサービスを革新するためのヒントをお届けする。第1回のテーマは、M2Mの最有力市場の1つといわれる「テレマティクス」だ。


M2Mの最有力サービス・アプリケーションは間違いなくテレマティクスである。ある大手リサーチ会社の予想でもテレマティクスは有望サービスの上位にランクしている。日本ではM2Mで使いやすい通信環境が未整備であったこと、3G対応の端末が未開発あるいは高価だったこともあり、基本的に自動車メーカー主導型となっており、その認知度や普及率は欧米に大きく劣る。

欧米、特に欧州においてはフリートマネジメント(車両管理)としてのテレマティクスは、すでに長距離移動のトラックでは必須の機能だ。GPSによる位置情報把握とそれに伴う行動支援、荷主へのリアルタイムなレポート、または効率的な運行を行う上で非常に重要なサービスであり、その機能も日々進化している。こうしたテレマティクス先進ユーザーでは、さらなる高度化に向けた取り組みが始まっているが、その上で最大のキーとなるのがOBD IIの利用である。

次世代テレマティクスの鍵を握るOBDとは?

OBDとはOn Board Diagnostic Systemの略称で、車載コンピュータによる自己診断システムのことだ。

OBDはそもそも、米国で最も厳しい環境基準を設けているカリフォルニア州が排気ガス規制のために制定した“マスキー法”を順守させるために考案されたと言われている。マスキー法を順守させるには、排気ガスの排出量を計る仕組みが必要だが、そこでCARB(環境保護局)が車の排気ガス生成に関わる情報を電気的に取り出すために考案したのがOBDである。

1994年に投入されたOBDは1996年以降、米国で発売される新車への搭載が義務化されたことにより一気に普及。1998年には機能強化したOBD IIが開発され、現在でも使用されている。ちなみに日本はOBDへの対応が遅れ、2008年以降にようやくOBD IIが義務化された経緯がある。

OBD IIコネクターからは様々な情報を入手することができる。例えば車検の際、OBDテスターと呼ばれる装置をコネクターに接続することで、車の状態を自動診断することが可能だ。さらに現在では、OBD IIからの情報をリアルタイムに3G等でサーバーに送ることにより、位置情報+車状態情報を活用した新サービスを創出する試みが進んでいる。


OBD II対応デバイスの例
OBD II対応デバイスの例

Pay As You Driveへの応用

その1つが“PAYD”での活用である。PAYDとはPay As You Driveの略で走った距離に応じて課金するモデルである。

例えば今流行りのカーシェアリングには様々な課金モデルがあるが、走行距離に応じた課金も1つの方法だ。車に内蔵されている距離計(オドメータ)を見て課金するやり方もあるが、OBD IIと3Gを活用すれば、瞬時に実距離を遠隔からでも把握することが可能となる。車を降りて精算する時には走行距離とそれに伴うガソリン代がすでに計算されており、その場で精算ができるという仕組みだ。あるいは、あとでまとめて請求を受けるという使い方も可能であろう。

 

[連載目次]M2Mイノベーションの時代

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ejan2006
all2006
paloalto2007

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】オフィスのNew Normal
●オフィスに“不可逆的”変化 ●企業LAN/WANのニューノーマル ●ワーケーションは出島戦略 ●IoT活用で「3密」を回避 ●データで作る可変オフィス など

[インタビュー]NTTコミュニケーションズ 丸岡亨社長「DXのプラットフォーマーへ」 [ソリューション特集]ビット単価低下やコロナに負けないネットワーク監視/スマートホスピタルへの第一歩 【技術&トレンド】10m以上先へ無線で給電 【ビジネス最前線】IIJが描く5G時代のMVNO ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

ディアイティOffice 365が遅い、
情報漏洩が心配…を解決する方法

実はCASB×DLPで全部解決できた! Forcepointが全てを叶える。

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

パロアルトネットワークスSASE実現するクラウドセキュリティ
従業員は意識せず安全なテレワーク

GWの逼迫解消、ローカルブレイクアウト、ユーザーの快適さを一挙に!

Microsoft Teams会議から1万人の仮想イベントまで
コラボの場はリアルからTeamsへ

Microsoft Teamsの利用が急増中だ。
4月時点の利用者数は1日7500万人!

丸文ローカル5G“実用化”へ万全の備えを
試験・置局、セキュリティまで網羅

ローカル5Gには何が必要か。長年キャリアを支援する丸文に尋ねた。

インテルネットワーク変革をインテルが牽引
仮想化技術でローカル5Gにも貢献

インテルの5Gビジネスが加速してきた。ローカル5Gにも取り組む。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン8K対応/安定性/超低遅延
選べる3つのライブ配信サービス

自社だけでは困難な高品質ライブ配信をライムライトが強力サポート!

クラウド&サービスプロバイダ向けのオンラインイベント「新たな時代に向けたネットワーク」通信事業者の新たな時代に向けた
ネットワーク「Telcoクラウド」

ジュニパーのクラウド&サービスプロバイダ向けバーチャルサミット!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます