ICT×未来

基地局を介さずケータイ同士が直接通信――3GPPで標準化が進む「D2D」とは?

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2012.11.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

基地局を介さずに、携帯電話同士が直接通信を行うD2D(Device to Device)の標準化が進んでいる。SNSやローカル広告、M2Mなどでの利用が想定されている。

携帯電話同士が基地局を介さないで直接通信を行うD2D(Device to Device)と呼ばれる技術が、3GPPリリース12で標準化される見通しになった。早ければ2015年頃に、この機能を実装した端末が登場する。

移動通信技術の標準化団体3GPPは、昨年策定されたリリース10からLTEの発展システムであるLTE-Advancedの標準化を行っており、現在はその拡張仕様の策定がリリース11として年内を目標に進められている。今年6月、3GPPはその次のリリース12で標準化する内容を検討するワークショップを開催、その中で新たにD2Dが標準化されることが固まった。

端末間の直接通信を実現する技術には無線LANを活用するWi-Fi Directなどがあるが、リリース12で標準化されるのは携帯電話システムでこれを実現するもの。無線伝送技術には、中国で商用化が進められ、日本でもすでにソフトバンク系のWCP(Wireless City Planning)が互換システムを商用化しているTD-LTEと同様のTDDのOFDMが使われる。このシステムは携帯電話用の周波数帯域で運用されることが想定されており、出力も携帯電話と同等とすることで、最大で1km程度離れた端末同士でも通信が可能になる。

この標準化を牽引しているのが、携帯電話向け半導体トップの米クアルコムだ。同社は「FlashLinq」の名称でD2Dの開発を進めており、2011年の「Mobile World Congress」では、デモンストレーションを実施した。

クアルコムの日本法人で、標準化担当部長を務める北添正人氏は「当初は3GPPリリース11での標準化を目指していたが、理解が広がらなかった。今回のワークショップでは多くの賛同を得ており、標準化されることが確実になっている」という。

災害時の非常通信にも

D2Dの用途だが、FlashLinqでは(1)SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などの端末間のデータ通信、(2)地域に応じた携帯端末への広告配信、(3)M2Mでの利用などが想定されている。遅延が20msと少ないため対戦ゲームなどにも適しているとされる。VoIPの実装により端末をトランシーバーのように使える可能性もある。

北添氏は「米国政府は、災害などで通信インフラが途絶した際の通信手段として関心を持っている」という。


図表 D2D通信のイメージ
図表 D2D通信のイメージ


ここにきてD2Dの実用化が動き出したのは、(1)機能の提供を新たな収益源にできる、(2)端末間の直接通信で基地局の混雑を回避できるなどの利点が、通信キャリアに評価されてきたためだ。他方、通信キャリアの間には、このサービスへの抵抗感も根強いという。

例えば、FlashLinqには、自ら通信可能な端末を見つけ出し、独立的に運用できる仕組みがあるが、こうしたシステムでは通信キャリアがサービスを管理することが難しくなることが懸念される。そこでワークショップでは、ネットワークアシスト方式と呼ばれる技術が提案されている。

移動通信インフラトップのエリクソンの日本法人でCTOを務める藤岡雅宣氏によると、これは「デバイスの発見や同期、通信モードの選択、電力制御、セキュリティなどの機能を基地局で提供するもの」で、通信キャリアによる管理や課金が容易になる利点があるという。

こうした仕組みが導入されれば通信キャリアにも受け入れやすくなる。他方、基地局への依存度が高くなり過ぎればユーザーにとっての利点が薄れてしまう懸念もある。端末と基地局の役割分担をどうするかが、標準化の大きなテーマになりそうだ。

スペシャルトピックスPR

kddi2008
Gigamon2009
netscout2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます