企業ネットワーク最前線

日本のICTプレーヤーがグローバルM2M市場で躍進するための要件[第2回]

【海外のM2M動向】台頭する2つのプラットフォームプレーヤー

文◎松岡良和(アーサー・D・リトル) 2012.03.08

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

国内外を問わず、注目されるM2M。日本のICT産業がこの分野でイニシアティブを発揮していくうえで不可欠な要件とは何か? 第2回は海外の先進M2Mプレーヤーの動向を解説する。

(第1回はこちら

日本のICT産業がM2Mの世界で躍進を目指すうえで、海外の有力プレーヤーにおける取り組み状況を把握しておくことは重要である。彼らと同じような提供価値、同じような戦い方を志向していては、グローバルレベルの戦いの場で優位なポジションを確立させることはできないからだ。

ここでポイントとなるのは、どんなサービスが展開されているのかという「What論」ではなく、サービスの実現を可能足らしめるビジネスモデルとしての「How論」だ。

各国を概観すると、テレマティクス、ヘルスケア、スマートグリッド/スマートシティといった移動体通信と相性の良い世界で各種M2M関連サービスが展開されているが、具体的な提供価値そのものに関して排他的な差別化の障壁を確立させることはほぼ不可能だ。

どこかの国で立ち上がったサービスは、時を隔てず他市場に伝播することとなる。M2M関連サービスのサプライヤーであるICTプレーヤーやデマンドサイドの各産業界そのものがグローバルレベルでビジネスの拡大を志向しているからだ。

故に「What論」としての学びの鮮度/寿命は、短いと言わざるを得ない。学ぶべきは、なぜサービスが受容され、早期に立ち上がるに至ったかのビジネスモデル的側面に基づくKFS(Key Factor for Success)であろう。

M2Mの市場特性

通信事業者、ネットワークベンダー、システムインテグレーター等はM2Mの実現/導入でもたらされる近未来の効果・効用の素晴らしさを全面的に押し出しながら、積極的なサービス開発/展開を進めている。M2Mはあくまでも「Machine to Machine Communication」であり、それ自体は何かを実現するための“手段”に過ぎない。“手段”の先にある具体的な効果・効用が明確にならない限り、本当の意味で市場が立ち上がるのは難しい。

また、どの主要プレーヤーも、スマート化社会の到来を標榜し、ありとあらゆる端末がネットワークでつながれる世界をデザインしており、主張内容で各プレーヤーの出自の違いを認識することはできない。例えば図表4はエリクソンのM2Mへの取り組みの概要を示したものだが、ネットワークに強みを持ち多国展開しているメガキャリアも、業界別ソリューションに強みを持つアクセンチュアやIBMのようなプレーヤーも、同じようなサービスラインナップを整備しており、誰にお願いしても同じような効果・効用を得られるような気にさせられる。


図表4 エリクソンにおけるM2Mへの取り組み状況
図表4 エリクソンにおけるM2Mへの取り組み状況


さらに、M2Mの先にはInternet of Things/Big Dataの世界が待ち受けており、収集された膨大な情報をベースに一段と高度化された新しい情報サービスを提供する世界が到来するといった将来シナリオも、各社が描く共通的な青写真である。

しかし、M2Mに関連する具体的な課題や期待に対応できる現実的かつ即効性の高い仕組みが提供されない限り、近未来への道程は不明確なままとなる。

そこで今注目されているのが、M2Mの世界に特化したM2M-PF(プラットフォーム)プレーヤーの存在だ。その名の通り、M2M関連サービスの実現に向けて必要となる共通機能をPF化することでサービスの早期立ち上げを支援する役割を担っており、今やM2Mの実現において欠かせない存在となっている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

dlink2105
intel2107
nvidia21071

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】もう知らないではすまされない
           
宇宙通信と量子通信で変わる未来

<第一部:宇宙通信>衛星通信はこれからどうなる/ NTTが宇宙に行く理由/ソフトバンクの“非地上”作戦/JAXA、光衛星間通信の狙い <第二部:量子通信>量子暗号で世界をリード/量子インターネットの可能性

インタビューJTOWER 代表取締役社長 田中敦史氏「キャリア投資の1割がまず目標 海外大手とも戦っていける」【ソリューション特集】マルチベンダー時代のテスターの選び方/DDoS攻撃対策 【ビジネス最前線】東大・中尾教授がローカル5Gベンチャー ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アレイ・ネットワークスIoTネットワークまで標的が拡大
ランサムDDoS攻撃の対策方法

アレイ・ネットワークスのASFシリーズで自力防衛を!

VIAVIソリューションズ5GをRANからコアまで徹底検査
オールインワンのローカル5G測定器も

E2Eのテストソリューションを提供するVIAVIソリューションズ

ウインドリバーなぜ、5G vRANにウインドリバーを採用したのか?

ベライゾンとボーダフォンが選んだ「Wind River Studio」

アイティフォーAI型EDRが侵入“後”の対応を
高速・低コストに

数週間かかる「フォレンジック」が最短3時間!

東陽テクニカあらゆる400ギガネットワーク環境をテスト

BGPの負荷試験等幅広いプロトコルテストに対応!

ネットスカウトシステムズネットスカウトシステムズが指南!
DDoS攻撃の効果的な防御方法とは

世界的に急増するDDoS攻撃。被害を最小限に食い止める方法を解説する

インテル「5G・6Gでキャリアとともにイノベーションを起こす」インテル堀田氏

ワイヤレスジャパン2021での基調講演を徹底レポート!

VMwareデータセンター内通信を「ゼロトラスト化」するには?

データセンタートラフィックの8割を占めるEast-West通信の守り方を解説

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

NVIDIA AI DAYSエヌビディア・ドコモ・富士通が
見据える「5G RANの将来」

AI時代に起こる5G RANの進化についてキーパーソンたちが語った。

NVIDIA AI DAYSソフトバンク、ドコモの5G・MECを支える技術とは

「AI-on-5G」の実現に向けて取り組むソフトバンクとNTTドコモ。

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMware未知の脅威から身を守る
最新のNDRが持つ実力とは

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareが見据えるネットワーク業界の未来

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。