企業ネットワーク最前線

日本のICTプレーヤーがグローバルM2M市場で躍進するための要件[第2回]

【海外のM2M動向】台頭する2つのプラットフォームプレーヤー

文◎松岡良和(アーサー・D・リトル) 2012.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内外を問わず、注目されるM2M。日本のICT産業がこの分野でイニシアティブを発揮していくうえで不可欠な要件とは何か? 第2回は海外の先進M2Mプレーヤーの動向を解説する。

(第1回はこちら

日本のICT産業がM2Mの世界で躍進を目指すうえで、海外の有力プレーヤーにおける取り組み状況を把握しておくことは重要である。彼らと同じような提供価値、同じような戦い方を志向していては、グローバルレベルの戦いの場で優位なポジションを確立させることはできないからだ。

ここでポイントとなるのは、どんなサービスが展開されているのかという「What論」ではなく、サービスの実現を可能足らしめるビジネスモデルとしての「How論」だ。

各国を概観すると、テレマティクス、ヘルスケア、スマートグリッド/スマートシティといった移動体通信と相性の良い世界で各種M2M関連サービスが展開されているが、具体的な提供価値そのものに関して排他的な差別化の障壁を確立させることはほぼ不可能だ。

どこかの国で立ち上がったサービスは、時を隔てず他市場に伝播することとなる。M2M関連サービスのサプライヤーであるICTプレーヤーやデマンドサイドの各産業界そのものがグローバルレベルでビジネスの拡大を志向しているからだ。

故に「What論」としての学びの鮮度/寿命は、短いと言わざるを得ない。学ぶべきは、なぜサービスが受容され、早期に立ち上がるに至ったかのビジネスモデル的側面に基づくKFS(Key Factor for Success)であろう。

M2Mの市場特性

通信事業者、ネットワークベンダー、システムインテグレーター等はM2Mの実現/導入でもたらされる近未来の効果・効用の素晴らしさを全面的に押し出しながら、積極的なサービス開発/展開を進めている。M2Mはあくまでも「Machine to Machine Communication」であり、それ自体は何かを実現するための“手段”に過ぎない。“手段”の先にある具体的な効果・効用が明確にならない限り、本当の意味で市場が立ち上がるのは難しい。

また、どの主要プレーヤーも、スマート化社会の到来を標榜し、ありとあらゆる端末がネットワークでつながれる世界をデザインしており、主張内容で各プレーヤーの出自の違いを認識することはできない。例えば図表4はエリクソンのM2Mへの取り組みの概要を示したものだが、ネットワークに強みを持ち多国展開しているメガキャリアも、業界別ソリューションに強みを持つアクセンチュアやIBMのようなプレーヤーも、同じようなサービスラインナップを整備しており、誰にお願いしても同じような効果・効用を得られるような気にさせられる。


図表4 エリクソンにおけるM2Mへの取り組み状況
図表4 エリクソンにおけるM2Mへの取り組み状況


さらに、M2Mの先にはInternet of Things/Big Dataの世界が待ち受けており、収集された膨大な情報をベースに一段と高度化された新しい情報サービスを提供する世界が到来するといった将来シナリオも、各社が描く共通的な青写真である。

しかし、M2Mに関連する具体的な課題や期待に対応できる現実的かつ即効性の高い仕組みが提供されない限り、近未来への道程は不明確なままとなる。

そこで今注目されているのが、M2Mの世界に特化したM2M-PF(プラットフォーム)プレーヤーの存在だ。その名の通り、M2M関連サービスの実現に向けて必要となる共通機能をPF化することでサービスの早期立ち上げを支援する役割を担っており、今やM2Mの実現において欠かせない存在となっている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

rsw2010
progress2010
ctc2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます