企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

「SASE」を実現するクラウドセキュリティ 従業員は意識せず安全なテレワーク

提供◎パロアルトネットワークス株式会社 2020.06.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

緊急事態宣言が解除された後もテレワークは続く。しかし、ゲートウェイが逼迫して限られた従業員にしかテレワーク環境を提供できていない企業は多い。パロアルトネットワークスの「Prisma Access」ならば、ローカルブレイクアウトによるWAN効率化、セキュリティ対策を、ユーザーの快適さを維持しながら実践可能だ。

SD-WAN機能を搭載 便利なリモートアクセス1つはローカルブレイクアウトだ(図表2 左下)。Prisma AccessにはSD-WAN機能が統合されている。各拠点にIPSec対応ルーターを設置することで、特定のクラウド宛通信を拠点から直接クラウド上のPrisma Accessへオフロード。次世代ファイアウォールと同等のセキュリティ機能を適用したうえで、目的のクラウドへアクセスさせられる。Prisma Accessは77カ国100拠点以上(日本は東京、大阪)にデータセンターを展開しており、遅延の心配はほとんどない。これにより本社/データセンターへの負荷を抑え、専用線/VPNサービスのコストも節約できる。

 

 

図表2 Prisma Accessの構成要素とその関係

図表2 Prisma Accessの構成要素とその関係

 

 

もう1つの要素はリモートアクセスだ(図表2 右側)。「モバイルやノートPCなど、テレワークで使うような端末にセキュアかつ低遅延のリモートアクセスを提供します」と藤生氏は説明する。

ユーザー側で必要な作業は、自分の端末にPrisma Accessのエージェントをインストールするだけ。後はエージェントが、自動でPrisma Accessを経由し、URLフィルタリングやサンドボックス、IPS(不正侵入防御)などのセキュリティ対策を施してから目的地にアクセスする。「ユーザー側の操作は必要ありません。社内ネットワークの中からアクセスする際は自動でVPNがオフになります」

接続ポイントは占有 課金体型はユーザーごとこうしたSaaS型のセキュリティを提供できる企業はパロアルトネットワークス以外にも存在するが、競合と比べた強みとして次の点を藤生氏は挙げる。「Prisma Accessはユーザー企業ごとに接続ポイントを占有する形でお渡しします」。接続ポイントとはPrisma Accessのデータセンター内に構築されるテナントのこと。多くのSaaSでは契約しているユーザー企業全体で各接続ポイントを共有する形になる。そのため、トラフィックがピークの時間帯などは渋滞が起こり、遅延が発生しやすくなるが、Prisma Accessはそうした心配がない。「顧客に占有IPアドレスも付与されるため、各アプリケーション側でもアクセスを許可する付与されたIPアドレスを固定しておけば、セキュリティをより強固にできます」

この接続ポイント(テナント)はオートスケーリングにも対応する。「例えばイベント会場などに数万人が集まり、1つのテナントへのアクセスが集中した場合も、自動で拡張されます。どれだけ利用しても課金はユーザー単位で行われるため、管理者はサイジングや機器増設の悩みから解放されます」

Prisma AccessではSaaSへのアクセスにSLA(Service Level Agreement:サービス水準合意)も設けている。「主要なSaaS(2020年6月時点ではMicrosoft 365、G Suite、Salesforce、Box、Slackの5つ)への遅延時間として35~75msを保証しています。Prisma Access自体のSLAも当然設けています」

このようにPrisma Accessはユーザーの利便性とセキュリティを高度に両立する。SaaSであるため機器調達の手間もいらない。「最初は少人数から始めて、少しずつ利用ユーザーを増やされる方も多いです」。テレワーク環境を整えたいならまずは相談してみてはいかがだろうか。

 

 

<お問い合わせ先>
パロアルトネットワークス株式会社
URL:https://www.paloaltonetworks.jp/
E-Mail:infojapan@paloaltonetworks.com

 
>>ホワイトペーパーダウンロード
リモートアクセスVPNを再評価。拡張可能なクラウドベースのPrisma Accessとは?

ワークフォースとクラウドベースのアプリケーションが拡大し続ける中、VPNでは不十分、あるいはクラウドのセキュリティを確保できないという状況が増えています。VPNに依存することなく、拡張可能なクラウドベースのセキュリティを構築する方法についてご紹介します。

スペシャルトピックスPR

netscout2009
microfocus2009
hitec2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます