企業ネットワーク最前線

プライベートLTEの衝撃(後編)

プライベートLTEを構築しよう! 日本ではsXGPが一番手

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.06.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本でのプライベートLTE構築の具体的な選択肢となり得るのが「sXGP」だ。今秋には製品展開もスタートする。日本でもsXGPの登場でプライベートLTEが本格的に始動することになりそうだ。

 
ミッションクリティカルなユースケースにも対応できる自営無線として、海外で導入が広がりつつある「プライベートLTE」。では、日本でプライベートLTEを実現する方法はあるのだろうか。

約3年前からプライベートLTEの事業化に取り組んできた富士通で、ネットワークソリューション事業本部モバイルソリューション事業部長を務める水野晋吾氏は「本当に国内で立ち上がるか、まだ模索している段階」としながらも、その実現手段として2つの技術に注目していると明かす。

富士通 ネットワークソリューション事業本部 モバイルソリューション事業部長 水野晋吾氏
富士通 ネットワークソリューション事業本部
モバイルソリューション事業部長 水野晋吾氏



1つめが、デジタルデバイドの解消などを目的に2008年に導入された地域BWAだ。市町村単位の免許制となっており、2018年3月1日時点ではCATV事業者や自治体など63社・団体に利用されている。当初から用いられてきたWiMAXに加えて、2014年には高度化システムとしてLTE(AXGP、WiMAX R2.1 AE)の利用が認められたことで、「プライベートLTE」に活用できる可能性が生まれた。

地域BWAの運用周波数帯(2575~2595MHz)は、LTEの国際バンドの2.5GHz帯(日本ではUQコミュニケーションズとWireless City Planningが利用)に包含されているため、市販のスマートフォンやデータ端末が活用でき、ネットワーク機器も調達しやすい利点がある。

とはいえ、単なるインターネット接続にとどまらない地域貢献型サービスの提供が免許付与の条件となっているほか、免許が受けられるのは各市町村で1社に限られるなど、利用のハードルは高い。

既存LTE端末をそのまま利用2つめが、今秋から製品展開が始まるLTEベースの新デジタルコードレスシステム「sXGP」だ。
初のTELEC認証sXGP端末「BLADE V8Q」(ZTE製)
初のTELEC認証sXGP端末
「BLADE V8Q」(ZTE製)

sXGPは、PHSやAXGPの標準化を行ってきたXGPフォーラムが、事業所コードレスに用いられている自営PHSの後継として規格化した技術である。日本でデジタルコードレス電話に利用されている1.9GHz帯自営無線バンド(1893.5~1906.1MHz)が、チャイナモバイルの商用LTEサービスに使われている1.9GHz帯(バンド39)に包含されることに着目。仕様を共通化することで、すでに市場で大量に流通しているバンド39対応端末を子機として利用することを狙って開発された。実際、sXGPでは、端末メーカーが改めてTELEC認証を取得する必要はあるものの、市販のスマホに一切手を加えることなく利用できる。

新たなデジタルコードレス電話として規格化されたsXGPだが、最近はむしろ、免許を取得せずに利用できるアンライセンスバンドIoT無線システムとしての期待が高まっている。


「sXGPの用途にはもちろん事業所コードレス電話の置き換えがあるが、それはワン・オブ・ゼム。音声だけでなく、監視カメラやデジタルサイネージのような大容量データ伝送まで1つのネットワークで対応できるアンライセンスバンドのIoT無線システムであることがsXGPの本質」と今年1月に初のsXGPアクセスポイント製品を投入したバイセルズ・ジャパンJapan BD Directorの日比紀明氏は語る。

バイセルズ・ジャパン Japan BD Director 日比紀明氏
バイセルズ・ジャパン Japan BD Director 日比紀明氏


プライベートLTEの構築手段として世界市場で注目を集めているMulteFireは、法整備がなされていないため国内ではまだ利用できない。そのため日本では当面、sXGPがプライベートLTEの主役となる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

soltec1811
necm1811
hytec1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2019

◆5Gは日本でこう始まる ◆5Gが自営網で利用可能に ◆Wi-Fiは10年振り大進化 ◆LPWAは爆発的に伸びる? ◆sXGPは秋に立ち上がる ◆400ギガイーサがやってきた ◆IoT-PLCの普及元年に ◆企業ネットはクラウド制御へ

●[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏/●ソフトバンクが狙うLPガス市場/
●働き方改革で重要性増すコラボツール/●「位置」の活用で生産アップ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

アクセスランキング

tcb
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます