企業ネットワーク最前線

バズワードとはもう言わせない!「IoTプロジェクト」が動き始めた

文◎唐島明子(編集部) 2016.04.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2016年に入り、多くの企業でIoTプロジェクトが進行中だ。企業はどのようにIoTを活用しているのか。導入手段の1つであるIoTプラットフォームと、それを利用した事例を中心に動向を見ていこう。

 

「IoTに予算が付き始めた」。ユーザー企業の現状をこう語るのは、組込み開発やIoT/M2MソリューションのゼネテックでIoTシステム部部長を務めている池上繁氏だ。これまで実証実験を行ってきた企業はIoTに効果があることを確認し、本格的に予算を確保する段階に突入した。

組織にも変化が生じている。「昨年までは、組織横断でIoTに取り組むタスクフォースが多かった。しかし最近は、組織を改編して専任のIoT部門を創設するところも出てきている」。こう説明するのは、日本ヒューレット・パッカード 通信・メディアソリューションズ統括本部 ソリューションビジネス推進本部 IoT/MVNO initiativeの福本靖氏である。

昨年は“バズワード”と捉えられることもあったIoTだが、企業がビジネスにIoTを取り込もうとする動きは着実に進んでいる。

プラットフォームにしのぎを削るこういったトレンドを背景に、多くのベンダーは、IoT関連ソリューションのラインナップ強化や提案活動を活発化させている。

「ベンダーやキャリアは、プラットフォームを中心にマーケットに出てきている」と分析するのは、野村総合研究所 主席コンサルタント  ICT・メディア産業コンサルティング部長の桑津浩太郎氏だ。

ユーザー企業においても、プラットフォームが必要であるという認識は浸透している。

「IoTシステムにはプラットフォームの利用は必須だと考える企業は多い。商談でプラットフォームを話題にすると、『それが必要なのはわかっている』と反応が返ってくる」(福本氏)という。

国内で話題になっているIoTプラットフォームとしてまず挙げられるのは、「Amazon Web Services(AWS)」や「Microsoft Azure」などだ。汎用的なIaaS/PaaSとして登場したこれらクラウドサービスは、現在ではIoT用の機能も拡充。IoTデバイスからデータを収集・蓄積し、それを分析・可視化できるようになっている。

AWSやAzureとは出自が異なり、IoT専用のプラットフォームとして作られたのは、日本ヒューレット・パッカード(HPE)の「HPE IoT Platform」、富士通の「FUJITSU Cloud Service IoT Platform」、伊ユーロテックの「Everyware Device Cloud」、エコモットの「FASTIO」、ゼネテックの「Surve-i」などだ。クラウドサービスとしてはもちろん、オンプレミスで利用できるものがあるのが特徴だ。

それに加え、IoTに特化したプラットフォームならではの特色を持つものも多い。例えばHPEは昨年、サーバーベンダーとしての強みをもとに、「Edgeline IoT Systems」というネットワークエッジ製品群を発表した。これは、IoTのエッジ側でデータの集積・分析、機器の制御などを行うエッジコンピューティングを実現するものだ。

また、富士通は同社の独自技術だという「分散サービス基盤技術」をプラットフォームに採用。データをエッジ側とクラウド側のどちらで処理すべきか、事前に設定した閾値などに基づいて、自動的に切り替えることができる仕組みを実装している。

さらに、IoT向けモバイル通信を提供するソラコムの「SOR ACOM Air」、アプリ開発を支援するPTCの「ThingWorx」や日本IQPの「IQP」など、特定のレイヤーに機能を絞り込んだプラットフォームも存在する。

ThingWorxやIQPを利用すれば、ドラッグ&ドロップするだけのノンプログラミングで、IoTで収集したデータを可視化するダッシュボードを作成できる。これまで2、3カ月を費やしていたものが僅か1、2 週間で仕上がるという。

スペシャルトピックスPR

intel1906
extreme1906
nttcom1906sp

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます