企業ネットワーク最前線

青山眼鏡が「マーケットインの会社」へ自然に変革できた理由――“市場の声”をKDDI Knowledge Suiteでスピード共有

文◎太田智晴(編集部) 2015.03.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

営業マンが日々の活動の中で入手する“市場の声”。企業にとっては宝の山のはずだが、ほとんどの企業は共有することなく、無駄に埋もれさせてしまっている。しかし、青山眼鏡は、効率的な可視化・共有のための仕組みづくりに、KDDI Knowledge SuiteとiPadを活用して成功した。

 

作り手の論理を優先させる「プロダクトアウト」から、市場の声を優先させる「マーケットイン」へ――。消費者の嗜好の多様化が進むなか、製造業などでは長らくマーケットインへの転換の必要性が論じられてきた。しかし、“言うは易し行うは難し”。マーケットインへの転換を目指しながらも、なかなか実現できずにいる企業がほとんどである。

そうしたなか、「マーケットインの会社へと、自然に変化してきた」と語る企業がある。メガネフレームの企画・販売を行う青山眼鏡だ。

同社に変革をもたらしたのはグループウェアとSFA(営業支援)、CRM(顧客管理)が1つになったクラウド型ビジネスアプリケーション「KDDI Knowledge Suite」、そしてiPadである。

 

 

オリジナルブランドの推進という決断

メガネの世界3大産地の1つとして知られる福井県鯖江市。国内で生産される約96%、世界で生産される約20%のメガネフレームが、人口約6万8000人のこの小さな都市で作られている。

青山眼鏡はこの“めがねのまち”で1964年に創業。同社が企画・デザインしたメガネフレームは現在、世界数十カ国で販売されているが、代表取締役社長の青山嘉彦氏は昨年、1つの大きな決断を行った。オリジナルブランドにも本気で取り組むという決断だ。

 

青山眼鏡
福井県鯖江市にある青山眼鏡本社。ここからメガネフレームのトレンドが日本・海外へ発信される



青山眼鏡は従来、ライセンスブランド中心の商品展開を行ってきた。著名ブランドと契約し、そのブランド名のもと、商品を企画・販売するのがライセンスブランドだ。同社は「ミラ・ショーン」や「デュポン」「カンサイ・ヤマモト」など20を超えるブランドと契約しており、これまでオリジナルブランドは一部の低価格商品にとどまっていた。

そこで昨年、ライセンスブランドに加え、オリジナルブランドの開発も強化していかなければならないと決意した。

「ライセンスブランドの場合、やはり様々な制約が存在します。そのため、どうしてもブランド側から承認を得られやすい企画・デザインになりがちです。我々がお客様に提供したいデザインや機能、カラーなどを100%実現できるかというと、そうではないのがライセンスブランドです」

しかも今は、ブランド価値が多様化しており、その選択が難しくなってきている。

「ライセンスブランドの良さは大事にしつつも、いろいろなお客様に自由な発想や満足感、ワクワク感を込めた提案ができる、オリジナルブランド開発にも力を入れていまいります」

 

青山眼鏡 代表取締役社長 青山嘉彦氏
青山眼鏡 代表取締役社長 青山嘉彦氏



しなやかなバネ性と適度なホールド性を兼ね備えたストレスフリーの掛け心地が特長の「Banerino(バネリーノ」や「Banerina(バネリーナ)」など、青山眼鏡は昨年、オリジナルブランドを次々に発表。早くもヒット商品になっているという。

 

Banerino Banerina
昨年から販売開始したオリジナルブランドの「Banerino(バネリーノ)」と「Banerina(バネリーナ)」。バレエダンサーのように、しなやかなバネ性が特徴のメガネフレームだ。このほか、子供向けの「めがね委員長!!」、カーボンファイバーとチタンのハイブリッド素材「カーボチタン」と鯖江の高度な加工技術が融合した「ブラックアイス」などのオリジナルブランドを展開している

スペシャルトピックスPR

ribbon1809
sas1808
necaspire

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます