導入・選定ガイド

基礎から学ぶ「MDM(モバイルデバイス管理)ツール」の選び方

文◎坪田弘樹(編集部) 2011.10.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

企業がスマートフォン/タブレットを活用するうえで、必須の管理ツールとなるのがMDM(Mobile Device Management)だ。今年に入って急速に充実してきたMDMの基本機能や仕組み、選択におけるポイントなどをレポートする。

トレンドはマルチOS対応

iOSとAndroidの管理機能の差、そしてMDMの仕組みの違いにより、従来はiOSかAndroidのどちらかに対応したMDMがほとんどだった。だが、現在は、iOS用のMDMがAndroidを、Android用MDMがiOSをサポートする動きが加速している。

複数OSの端末を同一の管理コンソールから一元管理できる利点は、あえて説明するまでもないだろう。国内では最も早くiOS用のMDMサービス「CLOMO MDM」を2010年11月から提供開始したアイキューブドシステムズは、今年6月にAndroidに正式対応。いち早くマルチOSサポートを実現した。

同社・マーケティング本部の深野慧甫マネージャーは「iOSに比べるとAndroid向けの管理機能はまだ限られるのが現状だが、それでもお客様からのAndroid対応の要望は強い。マルチOS対応は大きな強みになっている」と話す。CLOMO MDMは、稼動端末数がすでに2万台に達しているが、「ほぼすべてがiOSのユーザー。Android端末の導入が本格化する今後は、非常に楽しみ」という。

マルチOS対応のMDMとしては他に、モバイルアイアン・ジャパンの「MobileIron Virtual Smartphone Management Platform(VSP)」がある。同社は2010年にiOS端末向けのMDMを提供開始。iOS/Androidに加え、BlackBerryやWindows Phone等も含めたマルチプラットフォーム対応を進めている。


モバイルアイアン
モバイルアイアン・ジャパンのMDMの管理画面。iOS、Android、BlackBerry、Windows Mobileと、複数OSの端末を一元管理できるのが特徴。MDMではこのように、多くの端末を一覧で管理できるほか、個々の端末の詳細情報も遠隔から確認できる。ポリシーに違反した端末は赤字で表示され、右側の詳細画面では、その違反した原因を確認できる。この画面では、TwitterをインストールしたiPadが(画面右下に赤く表示)、違反端末と判別されている


同社・シニアセールスマネージャーの竹内浩氏は、スマートデバイス導入の課題について「端末の数、OSの種類が増えるだけでなく、たった数年でOSシェアがガラっと変わる現状が、企業の対応を難しくしている」と話す。iOSとAndroidは市場を席巻する勢いを示しているが、今後どのように推移していくかは誰にも確たる予測はできない。OSの趨勢が変わったとしても「柔軟に対応できるマルチOSのサポート体制を作ることが、IT管理部門の役割になっている」のだ。

Windows PCも統合管理
企業が利用する各種のモバイル端末を一元管理する統合プラットフォーム。これがMDMの今後の方向性となりそうだ。富士通BSCもそのための開発を進めている。

富士通BSCのFENCE-Mobile RemoteManagerはAndroid端末をサポートしているが、今秋にもiOS端末とWindows PC(XP以降)に対応する予定。前述したように、MDMサーバーからのコマンド伝達にSMSを用いているため、通信モジュール等を内蔵しているPCであれば、iOSやAndroid端末と同様の仕組みで管理できる。

同社は従来、PC向けの各種セキュリティソリューション「FENCEシリーズ」を提供してきており、例えば保険外交員などのノートPCを活用してきた業種で、Windowsタブレットへの置換えが進んでいるという。パッケージ&サービス本部サービス事業部アウトソーシング部の新谷剛担当部長は「営業プレゼンを行う業種などを中心に、富士通のWindows 7タブレットの商談が増えている。AndroidやiOSと一緒に管理したいという要望は当然多くなる」と話す。

以上、MDMの基本と選択のポイントについて本稿では解説した。

スペシャルトピックスPR

basix1910
sunntsu1910
mobile1910

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G最前線!
[Part1]ローカル5G免許を取得する [Part2]ローカル5G制度の今後 4.5GHz帯は屋内限定が有力 [Part3]ローカル5GはWi-Fi 6とどう違う? [Part4]ローカル5GのコアNWの導入形態 [Part5]ローカル5Gの無線アクセスの選び方

[インタビュー] 大阪大学教授 三瓶政一氏「ローカル5Gの本質とは? 4Gとは違い、日本に勝つ能力」 [ソリューション特集]Web会議は「3強」時代へ/シングルサインオン&特権ID管理 [IoT/M2M]オートバックスのIoT戦略 [イベントレポート]MWC Los Angeles ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます