iPadの販売台数が100万台突破、iPhoneを大幅に上回るペース

米アップルは2010年5月3日(現地時間)、iPadの累計販売台数が4月末までに100万台に到達したことを明らかにした。4月3日の発売開始からわずか28日間での達成となる。

また、iPadユーザーはすでにApp Storeから1200万本を超えるアプリケーション、iBookstoreから150本以上の電子書籍をダウンロードしているという。

同社のスティーブ・ジョブズCEOは「28日間で100万台のiPadということは、iPhoneで100万台を達成するのに要した74日間の半分以下ということ。需要は供給を上回り続けており、この魔法のような製品をさらに多くの顧客の手に届けるべく努力している」とコメントしている。

いよいよ5月末からは日本をはじめ世界各地での販売が予定されており、iPadの販売台数がどこまで伸びるのかが注目される。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。