ハウステンボスで超音波によるスマートなゴミ収集の実証実験

ハウステンボスとEnevo Japanは、超音波センサーによるゴミ収集システムの実証実験を開始した。Enevoが提供するゴミ収集のロジスティックソリューションの効果をハウステンボスのゴミ箱で確認する。

Enevoのシステムは、ゴミ箱に取り付けられた超音波センサーから、携帯電話のデータネットワークを通じて各ゴミ箱の堆積率データを収集。そのデータをもとに、最適な回収スケジュールと効率的な収集ルートをWeb上で提供する。

施設管理者はPCのほか、スマートフォンやタブレットでもゴミ箱の状況を確認できる。また、ゴミの堆積量が事前に設定した閾値を超えると、清掃員のメールでアラートを送信することも可能だという。

ハウステンボスに設置された実証実験用のゴミ箱(左)、ゴミ箱に設置された超音波センサー


Enevo Japanのソリューション概要

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。