日本通信がソフトバンクにHLRの相互接続を申し入れ――目指すは「次世代MVNO基盤」の構築

日本通信は2015年9月24日、ソフトバンクに対して、ソフトバンクの携帯網と日本通信のHLRの相互接続を正式に申し入れたと発表した。

HLR(Home Location Register)は、携帯電話番号や端末識別番号などのユーザー情報を一元管理するためのデータベース。日本通信は、HLRについて「モバイル通信サービスを定義し、実現するコアに当たる機能」としたうえで、「今日の我が国のMVNOは、自社HLRを使用していないため、サービスの独自性を発揮できない状況が続いて」としている。

自社HLRをコアとする次世代MVNO基盤を実現することによって、例えば日本通信がすでに接続している国内/海外を含めた携帯網を、一元的に利用できるサービスが構築可能だという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。