企業ユーザーの注目はiPad Pro、アップルが新型スマホとタブレットを発表

アップルは2015年9月9日(米国時間)、新型のiPhoneとiPadを発表した。

9月25日に発売される「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」は、3D Touch機能の新搭載が従来モデルとの大きな違いだ。これはディスプレイを押したときの圧力を感知できる機能。強く押すか、軽く押すかで、異なる操作を行うことが可能になる。

また、新色としてローズゴールドのモデルが加わったほか、筐体に採用するアルミニウムやカバーガラスの変更により、さらに頑丈になったという。

iPhone 6s
ローズゴールドモデルのiPhone 6s

この日発表された新製品の中で、企業のIT担当者が最も注目したいのは、11月発売の「iPad Pro」かもしれない。モデル名にProと入っていることからも分かるように、ビジネス用途を強く意識したタブレットだ。

iPad Pro
iPad Pro

iPad Proは、12.9インチのディスプレイを搭載し、重さは713g。9.7インチで437gのiPad Air 2と比べるとかなりの大型だ。また、フルサイズキーボードの「Smart Keyboard」とスタイラスペンの「Apple Pencil」も用意し、従来PCで行っていたような本格的な作業用途を狙っていることがうかがえる。

iPad Pro
iPad Pro、iPad Air、iPad miniのサイズ比較。一番外側がiPad Pro。従来より、いかに大型かが分かる

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。