ジュニパーが3分野で「革新的新製品」――マルチレイヤSDNやファブリック強化など

「今回発表するのは、かなり革新的な製品」――。ジュニパーネットワークスは2015年3月25日、ルーティング、スイッチング、セキュリティの3分野で新製品を発表した。“自信”の新製品群は、一体どんなイノベーションを実現しているのだろうか。

急増を続けるデータトラフィックに、ネットワーク接続デバイスの数……。

ジュニパーネットワークス 技術統括本部長の加藤浩明氏は、「今までのビジネスのやり方、インフラでは立ち行かなくなっていくのは明らか。ネットワークには大きな変更が必要だ」と通信事業者などのサービスプロバイダーが置かれた状況を説明。そのうえで「変化にキャッチアップするだけではなく、先取りできるソリューションを提供していこうと開発を行っている」と語った。

そのために同社では「製品の3要素――チップセット、全体のシステム、それをまとめるソフトウェアへの開発投資を続けている」というが、その成果として今回発表されたのが、ルーティング、スイッチング、セキュリティの3分野における新製品である。

1チップで500Gを実現する業界初のASIC

まずルーティングについては、新しいコアルーティングプラットフォームである「コンバージド・スーパーコア」を発表。具体的には、同社のシャーシ型ルーター「PTXシリーズ」向けの新ラインカードやSDN機能の強化からなるものだ。

ルーティング分野における新製品・新機能
ルーティング分野における新製品・新機能

新ラインカードの最大の特徴は、新しいASIC(カスタムシリコン)「ExpressPlus」の搭載だ。

「業界で初めて1チップで500Gのパフォーマンスを実現した。最高のネットワーク用汎用シリコンと比べると、約16倍のルーティングテーブルを持てる」と加藤氏はExpressPlusをアピール。これにより、PTX5000は1スロット当たり3Tbps、最大24Tbpsの容量を実現できるようになった。

また、ジュニパーはWAN向けのSDNコントローラー「NorthStar Controller」を有しているが、今回機能拡充され、マルチレイヤのコントロールが可能になった。「IP網だけではなく、その下の光レイヤも可視化してパスの最適化ができる」という。

WAN向けSDNコントローラー「NorthStar Controller」の概要
WAN向けSDNコントローラー「NorthStar Controller」の概要

続きのページは、会員の方のみ閲覧していただけます。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。