NEC、外出先でもスマホで内線通話できる「UNIVERGE どこでも内線サービス」

NECは2014年2月4日、スマートフォンで内線通話が利用可能になるクラウドサービス「UNIVERGE どこでも内線サービス」を発表した。同日から販売を始めており、サービス提供は2月24日からスタートする。

UNIVERGE どこでも内線サービスの利用イメージ
UNIVERGE どこでも内線サービスの利用イメージ

UNIVERGE どこでも内線サービスは、同社のコミュニケーションサーバー「UNIVERGE SVシリーズ」もしくはクラウドPBXサービス「UNIVERGE 音声サービス」と組み合わせて利用するもの。インターネット上にあるスマートフォン用ソフトフォン「UNIVERGE ST400シリーズ」が、社内のコミュニケーションサーバーと通信するためのゲートウェイ機能をクラウドサービスとして提供する。

UNIVERGE どこでも内線サービスを利用すると、社外でもオフィスの内線番号で内線通話が利用可能になり、保留・転送・ピックアップなどにも対応する。また、内線通話にはパケット通信を利用するため、通信キャリアのパケット定額料金以外の通話料金は発生しない。さらに外線通話も社内のコミュニケーションサーバーを経由するため、外線通話料は企業内からの固定電話発信と同等になる。

UNIVERGE どこでも内線サービスの提供価格は10ユーザの場合で月額8500円~。このほか、サービス開始に伴う初期設定費用が必要だ。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。