NTTコムウェア、OpenFlow 1.2以上のスイッチに対応したSDNコントローラーを発表

NTTコムウェアは2013年11月28日、SDNコントローラー「SmartSDN Controller」を発表した。11月29日から販売開始する。

SmartSDN Controllerは、OpenFlow 1.2以上のスイッチを集中制御できるSDNコントローラーだ。SmartSDN Controller自身は、Red Hat Enterprise Linux 6.4上で動作し、冗長化にも対応する。

特徴は、サービス利用者のQoE(Quality of Experience)にした経路制御だ。遅延、ゆらぎ、ロスなどのネットワーク品質をQoEの指標として5段階評価し、より良い経路に迂回させられるという。また、通信パケットを擬似的に作成して仮想ネットワーク上に流し、経路上の故障の早期発見や疎通確認なども行える。価格は個別問い合わせだ。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。