NEC、設備点検業務などを効率化するスマデバ向けUIを開発

NECは2013年11月6日、スマートデバイス向けに新しいユーザーインターフェース(UI)部品を開発したと発表した。設備点検や店舗指導、在庫確認など、参照したり入力すべき情報が多い業務システムに搭載することで、業務効率の向上が望めるという。

今回NECが新開発したUI部品は、業務情報をカード形式で表示する「カードデック」、入力を完了すると自動で次のカードを表示する「スライドカード」、アナログメーターの針を移動させることで数値入力が可能な「メーター数値入力支援」など計6種類。NECでは今後、スマートデバイスを活用した企業向けソリューションにこれらUI部品を搭載していくという。

「カードデック」のUI
「カードデック」のUI

「スライドカード」のUI
「スライドカード」のUI

「メーター数値入力支援」のUI
「メーター数値入力支援」のUI

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。