ドコモ、LTE-Advancedに向けて高密度基地局を開発――下り最大3Gbpsまで拡張可能

NTTドコモは2013年2月21日、LTE-Advancedの効果的な展開に向けて、高密度基地局装置の開発に取り組むと発表した。これにより、「高度化C-RANアーキテクチャ」を実現するという。

高度化C-RANアーキテクチャは、ドコモが提唱する新ネットワークアーキテクチャ。キャリアアグリゲーション(Carrier Aggregation)技術を活用し、広域エリアをカバーするマクロセルと局所的なエリアをカバーするスモールセルを高度に連携させることでスループットと無線容量の拡大を図る。キャリアアグリゲーションは、複数の周波数帯を束ねるLTE-Advancedの主要技術で、それを応用する。

LTE-Advancedの下り通信速度は最大3Gbps(基地局装置の最大能力)だが、高度化C-RANアーキテクチャの実用化により「3Gbpsまで容易に拡張可能」になるという。

高度化C-RANアーキテクチャの概要
高度化C-RANアーキテクチャ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。