Lync 2013のクラウドサービスをNECネッツエスアイが4月開始

NECネッツエスアイは2013年2月19日、マイクロソフトのユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォーム「Microsoft Lync Server 2013」をプライベートクラウドでサービス提供する「Lyncプライベートクラウド」を発表した。4月から販売を開始する。Lync Server 2013によるクラウドサービスは、国内初になるという。

Lyncプライベートクラウドは、LyncのIMやプレゼンス、Web会議、テレフォニーなどの機能をクラウドで提供するもの。基本機能として提供するのはプレゼンス、IM、1対1の音声・ビデオ会議/ファイル送信。3人以上の複数メンバーによるWeb会議や外線発信を含めたテレフォニー機能はオプション提供となる。また、既存の電話環境やスマートフォン、セキュリティ・認証基盤との連携機能もカスタマイズサービスとして用意する。

2013年度のLyncプライベートクラウドの販売目標は、3万IDだという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。