ファーウェイ、キャリア向けSDNビジョン「SoftCOM」を発表

中国ファーウェイは2013年2月14日(現地時間)、通信事業者の次世代ネットワークアーキテクチャに関するビジョン「SoftCOM」を発表した。同ビジョンは、SDN(Software Defined Network)の活用により、通信事業者の競争力向上と投資収益の最適化に貢献することを目指したもので、以下の4つの方針に基づいているという。

1. 機器レベルのクラウド化: ハードウェアとソフトウェアの分離
2. ネットワークレベルのクラウド化: データ転送機能と管理機能の分離
3. 通信ITのクラウド化: 従来型ITインフラのクラウド型インフラへの変換
4. インターネット指向の運営: テレコム・ベースからインターネット・ベースのシステムへの変換

また、ファーウェイは同時に、通信事業者がTCOを削減して新たなビジネスモデルを生み出すための戦略として、「より深く、よりオープンに(Dig In, Widen Out)」も発表した。こちらもSDNやネットワーク仮想化などによるTCOの大幅削減を目指す戦略となっており、ファーウェイがSDNへの取り組みを強化していることが窺える。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。