日立とBS-TBSが音声SNSで提携、11月6日からトライアル開始

日立製作所とBS-TBSは2012年11月6日、日立が開発した音声SNS「taikfield(トークフィールド)」のサービス展開について業務提携を締結したと発表した。11月6日から13年1月10日まで約2カ月間、トライアルサービスを実施。音声SNSサービスの評価・検証を行い、今後は両社が共同で事業モデルの開発、市場開拓を進める。

日立製作所 情報・通信システム社 通信ネットワーク事業部長の和田宏行氏(右)とBS-TBS制作局事業部長・統括プロデューサーの丹羽 多聞アンドリウ氏(左)、発表会見でtalkfieldの実演を行ったタレントの矢口真里さん

taikfieldは、スマートフォンの専用アプリを通じて音声メッセージを共有できるソーシャルサービス。まず、iPhone 4/4Sおよび5を対象にアプリを提供し、Androidには順次対応を予定する。投稿先を選び、15秒間の音声メッセージを吹き込むと、音声認識により自動変換されたテキストメッセージと音声が投稿される。

発表に当たって、日立製作所 情報・通信システム社 通信ネットワーク事業部長の和田宏行氏は、「コンシューマ向けサービスの展開に長けたBS-TBSのノウハウも合わせて、さまざまなビジネスモデルを作り上げていきたい」と話した。taikfieldは日立製作所のクラウド基盤「Harmonious Cloud」上で提供しており、「セキュリティの強固さも特徴」と和田氏は強調。コンシューマ向けだけでなく、音声メッセージを手軽に残せる特徴を活かして、社内の情報共有や、顧客向けの情報発信など、企業向けソリューションとしての展開にも取り組むという。

また、BS-TBS制作局事業部長・統括プロデューサーの丹羽 多聞アンドリウ氏は今回の業務提携に関して、「放送以外の事業分野を広げていきたい」と抱負を語り、広告モデルを中心に主にコンシューマ向けのサービス展開に注力する方針を話した。

すでに先行して日立社員およびBS-TBS社員を対象としたトライアルを10月1日から開始しており、その参加者からの招待によりトライアルを拡大する。数千人規模での検証を行い、操作性や効果を測るほか、「ユーザーのネットワーク上での振る舞いや使われ方など、さまざまな点を確認したい」(和田氏)考えだ。

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。