ブロケードとストラトスフィア、混在環境でのOpenFlowの検証実験に成功

ブロケード コミュニケーションズ システムズとストラトスフィアは2012年10月11日、OpenFlowを活用した検証実験に成功したと発表した。

ブロケードの物理スイッチ/ルーター「Brocade NetIronシリーズ」と、ストラトスフィアのネットワーク仮想化ソリューション「Stratosphere SDN platform 1.0」の構成要素である仮想スイッチが混在するデータセンターネットワークにおいて、オペレーションサポートソフトから自動的に制御できることが実証できたという。

今回検証された内容は、具体的には次の通りだ。

・単一コントローラーからブロケードとストラトスフィア両社のOpenFlow対応製品が制御できることの確認
・ロープログラミングによる VLANを使用しないネットワーク分離の実現
・経路迂回パスの設定による物理スイッチの保守の容易化

両社は今後、SDNのサービスプロバイダーネットワークへの実装に向け、協力関係を深めていくという。

検証構成のイメージ
検証構成のイメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。