KDDI、HadoopシステムのNW基盤にブロケードのイーサネット・ファブリックを採用

ブロケード コミュニケーションズ システムズは2012年8月7日、KDDIがBrocade VDX 6710/6720データセンター・スイッチを採用し、イーサネット・ファブリックを構築したと発表した。

KDDIの今回の導入は、同社が顧客向けに提供している各種サービス・システムの利用ログ情報を収集・蓄積するサービスログ・プラットフォームの統合に伴うもの。従来はサービス・システムごとに構築していたが、Hadoop分散ファイルシステムをベースに統合することを決定。Hadoop環境ではノード間のトラフィックが増大することから、STP(スパニングツリープロトコル)を排除した論理的にフラットなマルチパスネットワークを実現できるイーサネット・ファブリックを採用したという。

KDDIの統合サービスログ・プラットフォームはすでに正式稼動しており、数十台規模のHadoopサーバーと2台のVDX6720、6台のVDX6710が導入されているとのこと。なお、KDDIでは今回のシステム構築作業を内製化しており、SI費用を約2割削減できたという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。