IDC Japanが2012年1Qのモバイルデバイス市場規模を発表 ~iPadが圧倒的シェア維持

IDC Japanは2012年7月4日、2012年第1四半期(1~3月)の国内モバイルデバイス市場規模を発表した。

これによると、同四半期の国内スマートフォン出荷台数は、前年同期比68.2%増の655万台で、2四半期連続で600万台を超えた。また、携帯電話の総出荷台数のうち、64.5%がスマートフォンだったという。OS別の出荷台数については、Androidが65.6%を占めた。

メディアタブレット市場も急成長が続いており、前年同期比204.4%増の64万台に。OS別のシェアは、iOS搭載のiPadが69.4%と依然高い水準を保っている。

今後の見通しについてIDC Japan シニアアナリストの木村融人氏は、「スマートフォン需要は引き続き好調を維持する可能性が高い。ただし、半導体等の主要部品の供給不足からハイエンド端末の出荷が一時的に抑制される可能性がある。メディアタブレット市場においては、2012年後半に複数の低価格モデルが市場投入される可能性が高いため、市場拡大はさらに続く」とコメントしている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。