ドコモなど、高度約4km上空から38GHz帯での5G通信の実証実験に成功

スカパーJSAT、NTTドコモ、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)、パナソニック ホールディングスは2024年5月28日、HAPS(High Altitude Platform Station:高高度プラットフォーム局)を模擬した小型飛行機(今回の実験では共立航空撮影の運航するセスナ機を使用)を活用し、高度約4kmからの38GHz帯での5G通信の実証実験に成功したと発表した。

実験イメージ

実験イメージ

実験では、HAPSを用いた5G通信ネットワークのフィーダリンク/バックホール回線の実用化に向け、HAPSへの搭載を想定して新たに開発した通信装置をセスナ機へ搭載し、自動追尾機能を持つレンズタイプのアンテナをHAPS地上局として利用した。

これにより、高度約4km上空のセスナ機と地上局3局との間で、38GHz帯電波を利用した5G NR方式の上空中継による地上5G網のバックホール回線を確立した。38GHz帯電波による5G NR方式を使用した、上空中継の複数リンクからなるバックホール回線の実証は世界初の試みだという。

HAPSを利用した非地上系ネットワーク(Non-Terrestrial Network)は、5Gや6Gにおいて通信エリアを拡大するカバレッジ拡張実現に有効な技術であるため、今後、本実験で得られた結果を活用し、HAPSの早期実用化とNTNの実現に向けて取り組んでいくとしている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。