KDDI、5GCのコンテナ化と仮想化の併用技術に関するホワイトペーパーをRed Hatと共著で公開

KDDIは2024年5月15日、米Red Hatとともにまとめた、5Gコアネットワークの高信頼なシステムを実現するコンテナ化と仮想化の併用技術に関するホワイトペーパーを公開した。

コンテナ化と仮想化を組み合わせ、高信頼なシステム構築を実現

コンテナ化と仮想化を組み合わせ、高信頼なシステム構築を実現

通信事業者が抱える5Gコアネットワークのソフトウェア運用における課題とその解決策について、技術的知見を共有することを目的にしている。

ホワイトペーパーの主な内容

[1]通信インフラ構築における技術的背景の紹介
[2]通信事業者におけるクラウドネイティブ化
[3]コンテナ化と仮想化を組み合わせる方法の紹介とその効果
[4]OpenShiftおよびOpenStackを用いる構成の技術的概要

同技術では、コンテナ化によるソフトウェアの素早い展開メリットと、仮想化による機能・ツール提供で、ハードウェアごとに必要な設定の共通化やコンテナ化を行うための管理ソフトウェアのアップグレード自動化などが実現できる。これにより、5Gコアネットワークのメンテナンス性向上と高信頼なシステム運用が可能になるという。

 

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。