佐賀県玄海町がローカル5Gを活用した地域活性化に向け、IT企業と地域連携協定

佐賀県玄海町は2024年2月20日、ヴルーヴとローカル5Gを活用した地域活性化に関する包括連携協定を締結したと発表した。

締結式の様子

ヴルーヴは、コア共用型モデルのローカル5Gを軸に企業や自治体のDXを推進するIT企業。なお、同社は2023年10月25日、佐賀県玄海町が公募した「玄海町高度化通信網構築事業」における事業者として選定され、同年11月より補助金交付を受け本事業を開始している。玄海町における高度化通信網の活用は、2024年9月から開始する予定。

玄海町におけるローカル5Gを活用した地域活性化実現のため、ヴルーヴグループが持つローカル5G技術をはじめとする様々なアセットを、町内の経済活性化や住民生活の利便性向上に活用する。以下の4項目において、ヴルーヴは玄海町と協働する。

・高度化通信網の提供による企業誘致
・玄海町内のDX推進支援
・デジタル教育推進の支援
・その他、上記3点の達成において必要なこと

また、「玄海町高度化通信網構築事業」の事業者の選定に伴い、2024年夏頃に無線局免許を取得すべく準備を進めている。本免許取得を受け玄海町内にローカル5Gの基地局を設け、2024年度中にローカル5GやWi-Fi 6などの無線通信網および光ファイバーやLANなどの有線通信を複合的に活用した通信網の構築を完了し(玄海町での活用は2024年9月より随時開始)、町内の経済活性化および町民の生活利便性の向上の基盤となる通信網整備に玄海町と連携して取り組むという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。