スターバックスが約900店舗に日立のSaaS型省エネ法対策サービスを導入

日立製作所は2010年5月25日、スターバックス コーヒー ジャパンが、日立の提供するSaaS型の環境情報管理サービス「EcoAssist-Enterprise-Light(エコアシスト エンタープライズ ライト)」を採用し、全国約900店舗で本格稼動を開始したと発表した。

「EcoAssist-Enterprise-Light」は、多数の拠点から入力された電力使用量やガス使用量などの環境パフォーマンス情報を集計し、エネルギー原単位による比較・分析や改正省エネ法向けの定期報告書の作成を支援するSaaS型サービス。省エネ対策で必要となる管理標準作成および中長期計画作成を支援する省エネコンサルテーションや、各店舗にある電気、ガス、水道の使用量などを自動計測する機器と同サービスとのデータ連携により、省エネ法対策の担当者の作業負荷軽減と管理業務の効率化を実現する。

スターバックスは本サービスの利用により、管理業務や届出・報告書作成業務の精度向上と効率化を図るとともに、各店舗での作業負荷の軽減を考慮した省エネ対策の改善サイクルを実現していくとしている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。