国内SaaS市場規模は2013年に427億円に(ガートナー調査)

ガートナー ジャパンは2010年5月20日、国内SaaS市場規模予測を発表した。国内SaaS市場は、2010年から2013年にかけて年平均11.7%で成長し、2013年には427億円に達する見通しだという。

同社によれば、SaaSの利用率は2009年に31.2%まで上昇したと見られるという。2008年から2009年にかけて企業のIT予算が縮小されるなか、初期コストが低く住むSaaSへの関心が高まったためだ。さらに今後は、アプリケーションの導入期間の短縮、商圏やビジネスモデルの変化に伴うシステムの拡張性と柔軟性へのニーズなどからSaaSの導入が進むと予測している。

一方でガートナーは「ベンダーのマーケティング・キーワードとして多用されてきた結果、SaaSの定義が混乱し、アプリケーション・サービス・プロバイダー (ASP) やアプリケーション・ホスティングなど既存サービスと混同される状況が生まれている」とし、「こうした混乱や誤解や、SaaS市場の発展を阻害する要因にもなる」と警告している。

また、ITサービス・ベンダーがSaaSをビジネスのドライバーとするためには、「SaaSを既存システムの補完財と位置付け、現在のサービスやソリューションとの相乗効果を追求していくことが不可欠」としている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。