IP-VPN市場が初のマイナス成長 ~IDC Japanが国内WANサービス市場予測を発表

IDC Japanは2011年7月27日、国内WANサービス市場予測を発表した。これによると、2010年の広域イーサネットサービス市場は、回線数ベースでは前年比7.9%増の約30万回線と順調だったものの、売上高ベースでは同0.7%増の約2918億円と微増にとどまった。この背景には、「KDDI Wide Area Virtual Switch」など、従来より低価格で広帯域を利用できるバースト型サービスの登場があるという。

一方、IP-VPNサービス市場は、回線数ベースでは同5.5%増の約84万回線、売上高ベースでは同0.9%減の約1667億円だった。売上高が減少したのは今回が初。その要因としてIDCが挙げるのは、エントリー型IP-VPNおよびインターネットVPNの成長の飽和だ。これまで高価なギャランティー型IP-VPNの減少を、廉価なIP-VPNの旺盛な成長で補っていたが、2010年は廉価なVPNの成長が鈍化した。

今後の両市場については、広域イーサネットが年平均成長率2.1%で2015年の市場規模は3238億円、IP-VPNが同マイナス1.4%、1556億円と予測している。

IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの小野陽子氏は「企業ネットワーク市場は今後ますます飽和し、ユーザーがネットワークを乗り換える動きも減少する。その結果、価格競争の激化や一部のプレイヤーによる低価格サービス投入などで市場全体の低価格化がさらに進行する可能性がある。通信事業者はこのような状況に備え、ネットワークのプロビジョニングや運用保守プロセスの自動化などによってサービス提供にかかるコストをおさえ収益を確保することが重要になる」とコメントしている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。