企業ネットワーク最前線

韓国モバイルビジネス動向ウォッチ[第1回]

韓国サムスンの強さを支える“暗黙のエコシステム”

文◎橋本清治(エムアンドエムリサーチ) 2011.01.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

これまで様々な国のモバイル市場を見てきたが、なかでも今最もエキサイティングなのが韓国だ。ブロードバンド先進国として有線分野では以前から一目置かれる存在だったが、現在では携帯分野でも世界をリードする存在となっている。本連載では、そんな韓国のモバイル事情をウォッチしながら、新しいモバイル関連ビジネスの種を見つけていきたいと考えている。


韓国では、果たしてビジネスマンの何人に一人がサムスンやその関連会社に勤務していることだろう?

それくらい韓国におけるサムスンの影響力は強い。そして誰もがサムスンに入社したがるが、しかし入ってからの競争も熾烈だ。

また、市場にはサムスン出身のエンジニアや経営者がやたらに多い。その意味では人材養成学校でもあり、そうした「卒業生」の製品をうまく取り込んでいるのもサムスンの強さのように見える。未だ人づての営業が中心の韓国では「卒業生」の製品を評価したり、購入したりということも珍しくない。「卒業生」もそうしたコネがあるから、ある意味安心してスピンアウトできる。いわば暗黙のエコシステムが出来上がっているわけだ。なので、このエコシステムに外部の人間が割って入ることは容易ではない。

自国市場をテストベッドに世界市場へ

もう1つ韓国を見ていて興味深いのは、自国市場をテストベッドにし、その成果を海外市場に展開していくというフォーメーションが出来上がっていることだ。その有名な例としては、WiMAXの前身であるWiBroのケースが挙げられる。韓国はWiMAXに先駆けて国内でWiBroを展開した。こうした官民挙げた取り組みはICTに限らず、原子力や鉄道などを含めて、様々な分野で見ることができる。

最近では、サムスンが2010年初めに発売した電子書籍端末「Samsung E6 e-reader」もその例に該当するかもしれない。これは、アマゾンのKindleの成功を受けて独自の電子書籍端末で世界市場に打って出ることを決めたサムスンが、それに先立ち韓国市場で発売したものだ。韓国最大の書店チェーンであるキョンボ文庫社と販売で提携、さらに6つの全国紙を3カ月間無料購読できる特典も功を奏したのか、発売直後に通販サイトを覗いてみると、すでに完売。筆者は発売開始から1カ月待って、ようやく入手できた。

 

Samsung E6 e-reader
Samsung E6 e-reader


ところが、実際に使い始めると、この電子書籍端末は問題だらけだった。まず電池が持たない。電子ペーパーを採用した同端末はバッテリーの持続時間がセールスポイントであるべきだが、せいぜい3時間くらいしか持たないのである。さらに、Wi-Fiがつながりにくい、電子ペーパーの反応が遅い、端末が重いなど、率直にいって「失敗作」だった。その後いくつかのアップデートプログラムがリリースされ、その度に少しずつ問題は改善していったが、結局は根本的な解決には至らず、販売されているのを見ることもなくなっていった。5万円近くもした同端末だが、どうやら世界進出前の「テストベッド向け試作品」を筆者は掴まされてしまったようだ。

後日聞いた話によると、この電子書籍端末の発売当初の売り切れは、サムスンおよび関連会社による買い占めが主要因だったそうだ。社員に配ってテストしてもらうため、初期ロット約1000台の大半を同社関係者が購入したらしい。つまり、テストユーザーにされてしまった一般消費者の数はそれほど多くはなかったようだが、それにしても社員テストの規模の大きさといい、グローバル市場で成功するサムスンの強さの一因を見た思いである。これもサムスンの成功を支える暗黙のエコシステムの1つといえるだろう。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

橋本清治(はしもと・せいじ)

IT業界での30年の経験を生かし、某外資系通信機器ベンダー勤務の傍ら、エムアンドエムリサーチを運営。主に海外の通信事情リサーチやベンダーの日本進出の支援を行う。現在は特に韓国のモバイル通信事情を注視している。表面的な事実の調査だけでなく、必要があれば現地調査も行う行動派リサーチャ。“真実は体で確かめる”が身上。コンタクトはinfo@mmrjp.comまで

スペシャルトピックスPR

microfocus2009
hitec2009
empirix2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます