企業ネットワーク最前線

アクセルスペースが挑むBeyond 5G LEOコンステは電波・光のハイブリッド通信

文◎原田果林(編集部) 2022.03.08

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

超小型衛星を開発・製造するアクセルスペースは、次世代衛星コンステレーションの実現に向け、電波・光のハイブリッド通信技術の研究開発に着手した。Beyond 5Gの柱となるこの研究について同社に聞いた。

 
アクセルスペースは、超小型衛星の開発・製造と、その超小型衛星を活用した地球観測サービス「AxelGlobe」を手掛けるスタートアップ企業だ。同社は2021年11月、東京大学、東京工業大学、清原光学とともに、「次世代小型衛星コンステレーション向け電波・光ハイブリッド通信技術の研究開発」に着手したと発表した。これは情報通信研究機構(NICT)が公募した「Beyond 5G研究開発促進事業」に係る令和3年度新規委託研究における基幹課題に採択されたもので、「LEOコンステレーション用小型衛星搭載電波・光ハイブリッド通信技術の研究開発」と「超広帯域光衛星通信システムの実現に向けた基盤技術の研究開発」を行う。

 

図表 「Beyond 5G次世代小型衛星コンステレーション向け
電波・光ハイブリッド通信技術の研究開発」の概要

図表 「Beyond 5G次世代小型衛星コンステレーション向け電波・光ハイブリッド通信技術の研究開発」の概要


なぜハイブリッドなのかBeyond 5Gでは、地上のあらゆる場所から海上の船舶、上空の航空機などまで、いつでもどこでも通信できるネットワークが構想されている。そのためには地上系ネットワークと、HAPS(High Altitude Platform Station:高高度基盤ステーション)や衛星通信等の非地上系ネットワーク(NTN)をシームレスに接続する必要がある。

この構想において衛星側では、地上から2000km以内の低軌道(LEO:Low Earth Orbit)に打ち上げた多数の小型衛星をメッシュ状に組み合わせ、ネットワーク化して運用するLEOコンステレーションの活用が期待されている。LEOコンステレーションは近年Space Xのスターリンク計画や、AmazonのProject Kuiperなどのメガプレイヤーが事業化を進めている。

しかし、将来的に膨大な数の衛星が打ち上げられ、衛星同士、地上-衛星間で通信するようになると、周波数資源が不足することが見込まれている。そこで必要となるのが、光通信との併用だ。「宇宙にある人工衛星同士の場合、お互いが見えていれば安定的に光で通信できる」。アクセルスペース エンジニアリング本部 研究開発ユニットリーダーの永島隆氏はこう話す。直線的に光は進むため、膨大な数の衛星同士が同時に光通信を行っても空間的に重ならず、電波のように干渉の恐れは低い。

 

アクセルスペース エンジニアリング本部 研究開発ユニットリーダー 永島隆氏
アクセルスペース エンジニアリング本部 研究開発ユニットリーダー 永島隆氏

 

ただ、課題は地上との通信だ。

「光通信だけでは、衛星から地上に繋ぐ際、どうしても雨や曇りなど天候が悪い時には光が遮られるので通信できない。晴れている地域の地上局を探してネットワークを張るというやり方もあるが、それでは通信サービスの安定性として十分ではない。そこで光通信のコンディションが悪いときには、電波を使った通信にスマートに切り替えられるようにするのが電波・光ハイブリッドシステムだ」(永島氏)

今回の研究開発で重要な点としては、どれだけ小型化できるかも挙げられる。多数の衛星を用いる衛星コンステレーションでは、打ち上げコストを抑えるために衛星1機あたりの質量を軽量化する必要があり、通信機の小型化も必須となるからだ。現在の衛星搭載用光通信機は、静止中継衛星との通信を想定した大型・大電力のものが多く、小型のLEO衛星には搭載できない。より小さくしたうえで、同時にハイブリッド化も図る必要がある。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

fortinet2204
junipervideo03
mineo2204

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション[徹底解明]5G SAとWi-Fi 6E
               企業ネットは新時代へ

<Part1> 
5GはSAでどう変わるのか? <Part2> 国内キャリアの5G SA戦略
<Part3>
5G SA企業活用は映像から <Part4> 端末視点で見るSAの進化
<Part5>
Wi-Fi 6Eの性能や注意点 <Part6>6E時代の無線LAN選び
<Part7> 残る700MHz幅の行方 ほか

インタビューエリクソン・ジャパン 代表取締役社長 野崎哲氏「オープンRANの課題解決に寄与」【新連載】10年後のネットワークを創る研究者たち 【ビジネス最前線】JTOWERのローカル5G戦略 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。