企業ネットワーク最前線

<特集>ネットワーク未来予想図2022

5Gは脱・黎明期? SA本格化と〇〇不足がカギ

文◎原田果林(編集部) 2022.02.04

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

様々な実証が重ねられているが、まだ5Gは「普及している」とは言えない状態だ。しかし、デバイスやユースケース不足などの課題はあるが、2022年はSAのスタートを基盤に、普及の為の必要条件が揃ってくる。

「5Gは現状まだ黎明期にある」

IDC Japan コミュニケーションズ リサーチマネージャーの小野陽子氏がこう話すように、5Gはまだ一般消費者や企業に十分には浸透していない。

 

IDC Japan コミュニケーションズ リサーチマネージャー 小野陽子氏
IDC Japan コミュニケーションズ リサーチマネージャー 小野陽子氏

 

ローカル5Gに関しても現状は実証実験がほとんどだ。総務省の令和3年度「課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」には約60億円の予算がつけられ、26件が採択されるなど、実証実験は大幅に増えているが、有効なユースケースを見い出すことができた企業・団体ばかりではない。

だが、「機運は着実に高まっている」と小野氏は言う。

その理由の1つには、MicrosoftやAWS、NVIDIAなど巨大テック企業の動きがある。Open RANやMEC(Multi-access Edge Computing)、Telco Cloudなど、5G関連の様々な領域で彼らは活発に活動している。

「こうした動きを見るかぎり、『5Gは来ないよね』とか『5Gはいらないよね』と否定する声はなくなり、むしろ『この流れに乗っていかないといけない』となっていくだろう」

 

図表 国内産業分野向け5G関連IT市場規模予測(2020~2027年)

図表 国内産業分野向け5G関連IT市場規模予測(2020~2027年)

Note:ITインフラストラクチャ、ソフトウェア、サービスに対するエンドユーザー支出の合計。5Gによって創出されるサービス(例:MaaS)、通信サービス、端末、通信モジュール、OT領域に対する支出は含まない。 出典:IDC Japan


黎明期から抜け出せていない理由しかしなぜ5Gはいまだ黎明期から抜け出せていないのか。

小野氏はまず、市場にデバイスが少ないことを挙げる。5G対応デバイスは熱対策が難しいこと、Sub6やミリ波というLTEより高い周波数を用いるため接続自体も難しいことなどが理由だ。5Gではスマホ以外の多様なIoTデバイスの登場が期待されているが、現在は誰でも5Gデバイスを作れるわけではない。

「誰でも作れるようにするには、リファレンスデザインや支援がまずは必要だ。例えば、スマホを作っているベンダーがクルマのベンダーを支援したり、いろいろな業界で無線部分の開発を支援する仕組みができてくると、多様なデバイス開発が盛り上がってくるだろう」

課題はデバイスだけではない。アプリケーションもそうだ。

「DXサイドの人に、『最初にインフラを整えましょう』と言っても全然訴求できない。やはりアプリケーションから入っていく必要がある」と小野氏は指摘する。しかし5Gを活用したアプリケーションをその導入効果に見合ったコストで実現できるかというと、その選択肢も今はまだ少ないのが実情だ。

工場・プラントや建設現場、スタジアム、医療機関などで5Gを導入する際の有力な手段となるローカル5Gのコストが高いのも一因である。野村総合研究所 ICTメディアコンサルティング部 主任コンサルタントの澤田和志氏は、ローカル5Gのハードルとして初期費用を挙げる。

 

野村総合研究所 ICTメディアコンサルティング部 主任コンサルタント 澤田和志氏
野村総合研究所 ICTメディアコンサルティング部 主任コンサルタント 澤田和志氏

 

「始まった当初は億単位の金額だったのが、今はいろいろな基地局関連の製品や対応端末が少しずつ出てきて数千万円ぐらいになっている。とはいえ中小企業が導入するにはなかなか難しく、70社ほどいるローカル5Gの免許取得者もまだ大手しかいない」

また、世界的な半導体不足も市場に影響を及ぼしそうだ。「サプライチェーンの混乱によって産業向けの通信市場にも影響が出ており、1~1.5年遅れるというような話もちらほら聞いている」と小野氏は懸念する。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。