企業ネットワーク最前線

エリクソンがO-RAN対応の「RIC」を製品化、他社製アプリ開発も可能に

文◎坪田弘樹(編集部) 2021.11.17

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

5G無線アクセスネットワーク(RAN)をオープン化する「Open RAN」の取り組みが世界中で進むなか、エリクソンがマルチベンダー/仮想化RANを制御するコアコンポーネント「RIC」を製品化した。他ベンダー製基地局の制御を可能にするほか、サードパーティや通信事業者がRAN制御アプリを開発するためのプラットフォームとして提供する。


NTTドコモをはじめとする通信事業者、5G向けインフラベンダー等が推進する「O-RAN Alliance」を筆頭に、RANをオープン化/仮想化しようとする取り組みが加速している。従来は単一ベンダーが提供する専用装置で構成されていたRANをマルチベンダー化することでコストを最適化、さらに仮想化技術の導入により柔軟性や拡張性を向上させるのが狙いだ。(関連記事:O-RANの“本命”RICとは何か オープン化だけじゃないもう1つの挑戦

このOpen RANにおけるコアコンポーネントの1つとされるのが、「RIC(RAN Intelligent Controller)」である。RANを構成するRU(無線機)、DU(分散局)、CU(集約局)等のコンポーネントを管理・制御するコントローラーであり、複数ベンダーの基地局装置/ソフトウェアを用いてRANを構成した場合でも統合制御を可能にする。加えて、通信性能や品質のモニタリング、最適化といった“インテリジェント機能”によって5Gサービスの高度化、運用省力化をも実現する。

エリクソンが2021年11月17日に発表した「Ericsson Intelligent Automation Platform」は、まさにこのRICの機能を実現するためのプラットフォーム製品だ。同日に開催された記者説明会で、エリクソン・ジャパン CTOの藤岡雅宣氏は「RANのオペレーションと最適化、ヒーリング(障害の原因特定や復旧)の自動化に使えるプラットフォームだ」と紹介した。

Ericsson IAPの構成図
Ericsson IAPの構成図


O-RAN Allianceでは、無線リソース管理の最適化やオペレーションの自動化を行うためのプラットフォームとしてRICを定義し、このRICを包含し、RANの保守とオーケストレーションを行うフレームワーク「SMO(Service Management and Orchestration)」を定義している。

今回発表されたEricsson Intelligent Automation Platform(Ericsson IAP)は、このSMOに当たるものだが、今回の発表ではその中で展開、提供されるRIC機能にフォーカスして説明された。

通信事業者が独自に「rAPPs」開発・展開も
O-RANで定義されているRICは、1秒未満のリアルタイム性の高い制御処理を実行する「Near RT RIC」と、より時間的余裕のある1秒以上の制御を担う「Non RT RIC」の2種類がある。Near RT RICの機能は「xApps」と呼ぶRAN制御アプリケーションで実現され、Non RT RIC機能のアプリは「rApps」と呼ばれる。現時点でリリースするEricsson IAPの機能は、後者のNon RT RIC(rApps)だ。

Ericsson IAPは、エリクソンが開発・提供するrAppsのほか、「サードパーティのrAppsや通信キャリアのrAppsもこの上で動かせる」(藤岡氏)。Ericsson IAP上でrAppsを開発するためのSDK(ソフトウェア開発キット)も提供するという。


エリクソン・ジャパンCTOの藤岡雅宣氏
オンライン記者説明会でEricsson IAPに関して説明する
エリクソン・ジャパンCTOの藤岡雅宣氏


エリクソンは2020年にO-RANをサポートする方針を打ち出し、O-RAN Alliance内で自動化技術を検討するワークグループのChairを務めるなどしている。2020年10月には、クラウドネイティブなソフトウェアソリューションである「クラウドRAN」も発表。Ericsson IAPのリリースにより、同社によるO-RANのサポート範囲が一層広がることになる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

nissho2202
nttcom2202
qnap2202

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。