企業ネットワーク最前線

オートバックスセブンのIoT戦略「今後は単に利益だけを追求するビジネスは難しい」

文◎原田果林(編集部) 2019.12.25

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

カー用品でおなじみのオートバックスセブンがIoT事業を展開している。「安心・安全」を軸に、IoTプラットフォーム拡大と社会課題の解決に注力。IoT分野に進出した理由とビジョンについて、同社に話を聞いた。

 
昨今、住宅、旅行、金融など意外な業界、企業からIoT事業が生まれている。オートバックスセブンもその1社だ。2016年の立ち上げ以来、多数の地方自治体と実証実験を重ね、今年10月にはミミズク型見守りロボット「ZUKKU」を発売。今後は杖や車に搭載する見守りデバイスなどを発売する予定だ。順調に進むIoT事業だが、カー用品専門店のイメージが強いオートバックスセブンがなぜIoTを始めたのだろうか。

「自動車業界は成熟市場にある。今後右肩上がりに大きく伸びることはないこの市場で、企業として継続的に成長するための新規事業の1つとしてIoT事業を始めた」。こう説明するのはオートバックスセブン ICT商品部長の八塚昌明氏だ。

IoTを選んだきっかけは、近年のコネクテッドカーブームにあるという。「自動車業界ではここ数年来、コネクテッドカー、”つながる車”ということがずっと言われてきている。その実現の基盤となるのがIoTの技術。今後はどのフェーズにおいてもIoTのインフラが必須になると考えた」(同氏)。
オートバックスセブン ICT商品部長 八塚昌明氏(右)と、ICT商品部 パブリックリレーションズ担当 淡路康晴氏
オートバックスセブン ICT商品部長 八塚昌明氏(右)と、ICT商品部 パブリックリレーションズ担当 淡路康晴氏

テーマは「安心・安全」IoT事業の土台となるのが、同社が独自に構築したIoTプラットフォームだ。このプラットフォーム上にデータを収集・蓄積・分析し、サービスを展開していく。データ収集のための多様なIoTデバイス、通信なども用意している(図表1)。

将来的にはAPIを公開し、業界や企業規模を超えたエコシステムを形成する狙いだ。

「共通基盤を使わず一気通貫にデバイスからデータ収集の環境、サービスまで全てを構築しようとすると膨大な時間とコストがかかる。プラットフォームを活用することで、アプリケーションだけ作ればIoTのサービスが低コストで簡単にスモールスタートできるようになる。サービスの実証、立ち上げ、撤退も容易だ」(八塚氏)。

 

図表1 IoTプラットフォームのイメージ
図表1 IoTプラットフォームのイメージ


このIoTプラットフォームによって「安心・安全」をテーマに企業や自治体と連携し、様々な”地方の課題”を解決するサービスを提供したいという。

「大都市は課題解決のためにすでに色々な取り組みを行っている。中核以下の小さな都市の方が、お金もないし、企業もない、人口が減少している、高齢化が進んでいるなど厳しい状況にあるので、そういうニッチなところの課題を解決していきたい。1つ1つの課題、市場規模は小さくとも、全国で見たらかなりの市場がある」と八塚氏は語る。

こうしたビジョンのもと、具体的な取り組みとしてまず行ったのが、2017年の北九州市での実証実験だ。車載IoTデバイスと高速移動に強いLPWA、「ELTRES」を使用し、高齢者の運転見守りを目的に実施。さらに、その際に設置したアンテナを利用して大分県国東市の山中で登山者の見守り、獣害駆除用IoT罠の実験も展開した。

また、2018年度には総務省のIoTサービス創出事業に採択され、視覚障害者の自律移動支援ツールと、視覚障害者・高齢者向けに杖に装着できるIoTデバイスによる見守りサービスを提供するための実証実験も行った。いずれも現在は実用化に向けて準備を進めているものもあるという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

vmware21052
vmware2106
al2106

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】もう知らないではすまされない
           
宇宙通信と量子通信で変わる未来

<第一部:宇宙通信>衛星通信はこれからどうなる/ NTTが宇宙に行く理由/ソフトバンクの“非地上”作戦/JAXA、光衛星間通信の狙い <第二部:量子通信>量子暗号で世界をリード/量子インターネットの可能性

インタビューJTOWER 代表取締役社長 田中敦史氏「キャリア投資の1割がまず目標 海外大手とも戦っていける」【ソリューション特集】マルチベンダー時代のテスターの選び方/DDoS攻撃対策 【ビジネス最前線】東大・中尾教授がローカル5Gベンチャー ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アレイ・ネットワークスIoTネットワークまで標的が拡大
ランサムDDoS攻撃の対策方法

アレイ・ネットワークスのASFシリーズで自力防衛を!

VIAVIソリューションズ5GをRANからコアまで徹底検査
オールインワンのローカル5G測定器も

E2Eのテストソリューションを提供するVIAVIソリューションズ

ウインドリバーなぜ、5G vRANにウインドリバーを採用したのか?

ベライゾンとボーダフォンが選んだ「Wind River Studio」

アイティフォーAI型EDRが侵入“後”の対応を
高速・低コストに

数週間かかる「フォレンジック」が最短3時間!

東陽テクニカあらゆる400ギガネットワーク環境をテスト

BGPの負荷試験等幅広いプロトコルテストに対応!

ネットスカウトシステムズネットスカウトシステムズが指南!
DDoS攻撃の効果的な防御方法とは

世界的に急増するDDoS攻撃。被害を最小限に食い止める方法を解説する

インテル「5G・6Gでキャリアとともにイノベーションを起こす」インテル堀田氏

ワイヤレスジャパン2021での基調講演を徹底レポート!

VMwareデータセンター内通信を「ゼロトラスト化」するには?

データセンタートラフィックの8割を占めるEast-West通信の守り方を解説

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

NVIDIA AI DAYSエヌビディア・ドコモ・富士通が
見据える「5G RANの将来」

AI時代に起こる5G RANの進化についてキーパーソンたちが語った。

NVIDIA AI DAYSソフトバンク、ドコモの5G・MECを支える技術とは

「AI-on-5G」の実現に向けて取り組むソフトバンクとNTTドコモ。

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMware未知の脅威から身を守る
最新のNDRが持つ実力とは

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareが見据えるネットワーク業界の未来

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。