新製品&新サービス

HPEが仮想RAN・MEC向け小型サーバーを発表

持ち運べるデータセンターで5Gエッジを作る

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.11.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)が、エッジコンピューティング向けサーバーの新製品を発表した。ターゲットは、5Gの仮想RANやMEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)基盤。持ち運べるほど小型軽量なサーバーで、仮想ネットワーク機能からMECアプリケーションまで稼働させることができる。通信事業者の5Gだけでなく、ローカル5Gでの利用も想定している。


これまで製造業を主要なターゲットとしてエッジコンピューティング向け製品「HPE Edgeline Converged Edge System」(以下、Edgeline)を提供してきたHPEが、2019年11月26日にEdgelineの4機種目となる「HPE Edgeline EL8000」を発表した。

EL8000は既存ラインナップとは異なり、「テレコムエッジ」をターゲットとする製品だ。通信事業者が構築を進めている5Gネットワークにおいて、仮想RAN(Radio Access Network)やMEC基盤として使われることを想定している。


日本ヒューレット・パッカード 執行役員 ハイブリッドIT事業統括の五十嵐毅氏(左)と、
ハイブリッドIT事業統括 ハイブリッド製品統括本部 Edgeline カテゴリマネージャーの北本貴宏氏


また、日本ヒューレット・パッカード 執行役員 ハイブリッドIT事業統括の五十嵐毅氏は、企業や地方自治体等が自営ネットワークとして構築・運用する「ローカル5G」もEL8000の有力なターゲットであるとした。EL8000にはAI処理を得意とするGPU等の搭載も可能であり、RAN機能のVNF(仮想ネットワーク機能)を稼働させながら、同時にネットワークのエッジで機械学習の推論処理等を行うことも可能。これにより、「アンテナ局の近くにデータセンター的な機能を持たせることができる。今後、こうした用途を可能にする『5Gクラウド』という考え方が出てくるのではないか」と話した。



EL8000は、5Gまたはローカル5Gの仮想RAN(vRAN)やMECでの利用を想定している

データセンターと同じアプリをエッジへ今回発表されたEL8000は、Edgelineシリーズの最上位機種となる。

高さは21.2cm(5U)、幅は19インチラックの半分の22.1cm、奥行きは43.2cmの筐体に最大4つのブレードを搭載可能だ。CPUはIntel Xeon SP(8-24コア)を最大4プロセッサ、メモリは合計4TB、ストレージも77.8TBを搭載できる。



EL8000とブレードサーバーの仕様
※ 本記事の初掲載時、上記「HPE ProLiant e910 2U Server Blade」のメモリ最大容量が
768TBと表示されていました。正しくは上画像の通り「768GB」となります。


最大の特徴は、一般的なデータセンターで使われる性能を、電力や設置スペース、動作温度の制約が大きいエッジ環境で使えることにある。ハイブリッドIT事業統括 ハイブリッド製品統括本部 Edgeline カテゴリマネージャーの北本貴宏氏は、「これまでのエッジは、省電力にするためにコア数の少ないCPUを使うしかなかった。EL8000なら、データセンターで実施していたことをエッジでそのまま動かせる」と話す。

EL8000の動作温度は0-55℃で、耐衝撃・振動性能も備える。また、通信局舎で用いられる通信装置等の耐震試験規格である「NEBS Level3」にも準拠している。なお、希望小売価格(税抜)は、214万7000円(HPE ProLiant e910 1U Blade Serverを1機搭載時)からとなっている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf2001
attokyo2001
yamaha2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます