企業ネットワーク最前線

国内初のローカル5G実験――見通し次第で28GHz帯で400Mbps前後も

文◎村上麻里子(編集部) 2019.09.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

住友商事 メディア事業本部
ケーブルテレビ事業部長 小竹完治氏

住友商事やCATV事業者が、ローカル5Gの実証実験を開始した。様々な環境下での電波への影響を検証する。屋外では見通しが良ければ、400Mbps前後の高速通信も可能だ。

 
5Gを自営無線として利用できる「ローカル5G」が、企業や自治体の関心を集めている。そうしたなか住友商事は6月下旬、同社およびCATV事業者51社が出資する地域ワイヤレスジャパン等とともに、国内初となるローカル5Gの実証実験を開始した。

第1弾として、愛媛県松山市で7月上旬までの約2週間にわたり、ケーブルテレビインフラとローカル5Gインフラを組み合わせた屋外での実証実験を実施。7月中旬からは、東京都練馬区において同様の実験を行っている。ローカル5Gに割り当てられる28GHz帯を使い、屋外での距離や見通しの違いによる電波の飛び方への影響や4K/8Kの高精細映像の伝送可能性を調べるのが目的という。

 

図表 ローカル5G実証実験の全体概要
図表 ローカル5G実証実験の全体概要


無線事業を強化するCATV事業者全国に約500社あるCATV事業者の多くは、地域に密着した情報を配信するコミュニティチャンネルや多チャンネル放送に加えて、IP電話やインターネット接続、無線など幅広いサービスを展開している。

なかでもMVNOやWi-Fi、地域BWAなどの無線サービスは、業界団体である日本ケーブルテレビ連盟が先頭に立ち、各社の中核事業に取り込もうと推進しているところだ。

とはいえ、CATV事業者は基本的に地域に1社しかなく、単独では交渉力等に限界がある。そこで、CATV最大手のジュピターテレコムに折半出資している住友商事や主要なCATV事業者を中心とする地域ワイヤレスジャパンが窓口となり、MVNOの回線や端末調達などの交渉を行ったり、地域BWAの成功事例を横展開している。

住友商事 メディア事業本部ケーブルテレビ事業部長で、地域ワイヤレスジャパン代表取締役社長を務める小竹完治氏はローカル5Gについて、「地域の課題解決や活性化を目的とした制度であり、地域に密着したCATV事業者こそがその役割を担っていけるのではないか」と話す。

CATV事業者がローカル5Gの用途として想定しているのが、FWA(固定無線アクセス)サービスだ。

「ラストワンマイル」を有線から5Gに置き換えることで宅内への引き込み工事が不要となり、スピーディかつ低コストに導入することが可能になる。有線の場合、解約時にも引き込み線を撤去する工事が発生し、撤去費用は業界全体で年間数百億円に上るといわれるが、そうしたコストも不要になる。「5GのNSA(ノンスタンドアローン)方式の装置は現状では高額だが、エコシステムが回り始めれば値段も下がるだろう」と小竹氏は見る。

一連のコスト低廉化が実現すれば、CATVの利用料に還元できる可能性が高い。無線であれば工事に立ち会う必要がないので、利便性も向上する。「ローカル5Gは、CATV事業者と利用者の双方にとってメリットがある」(小竹氏)というわけだ。

最近の集合住宅は高層化や大規模化が進んでおり、光ファイバーの敷設が難しいケースが増えている。建物の外にローカル5Gの基地局を設置し、マクロセルで複数の棟をカバーしたり、マッシブMIMOアンテナを用いて1棟分の回線を確保することでCATVサービスを提供し、新たな利用者を掘り起こしたいという側面もあるという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます