ニュース

国内初、KDDIら、5GとVRを活用した災害医療対応支援の実証実験

文◎business network.jp編集部 2019.08.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

KDDIと防衛医科大学校、Synamonは2019年8月29日、5GとVRを活用した災害医療対応支援の実証実験を8月27日に国内で初めて実施したと発表した。あわせて、医療教育現場においてVRを活用した遠隔教育に関する実証事件も行った。

実証実験では災害現場に高精細の360度カメラを設置。5Gを通じて、災害現場の職員と、遠隔地の医療従事者がアクセスする共通のVR空間に映像を配信・投影した。

 

災害時に多数の傷病者の治療を行うためには、消防機関や医療機関の職員が緊密に連携する必要がある。平面映像では被災状況など災害の全体像がつかみづらく、遠方でも各機関の職員が現地に集合する必要があった。

 

そこで、360度カメラを用いたVRシステムの活用により、現場にいる職員と遠隔地にいる医療従事者などの専門家が双方向にコミュニケーションを行い、連携できることを確認。救命活動を円滑に進められることを確かめたという。

 
 災害医療対応支援に関する実証実験概要

また、医療教育においては教員の不足や基礎研究に資する設備が不十分という課題がある。そこで、防衛医大においても5GVRを組み合わせ、VR空間上での設備見学やディスカッションなどの双方向コミュニケーションに関する実証実験を実施した。

 

具体的には、高精細の360度カメラを医療研究施設のある場所に配置し、5Gを通じてVR空間に映像を配信、投影。VR空間を遠隔地にいる複数の参加者で共有し、バーチャル会議や高精細映像による遠隔からの設備視察などの有効性について確認した。

 

 
 リアルタイム遠隔医療教育に関する実証実験概要

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます