新製品&新サービス

ヤマハ、仮想ルーター「vRX」を発表。スケーラブルで柔軟なネットワークを実現

文◎business network.jp編集部 2019.08.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ヤマハは2019年8月6日、企業向けハードウェアルーターで培ったノウハウを継承した、仮想ルーター「vRX」を発表した。Amazon Web Services(AWS)版のソフトウェアライセンスを9月下旬より提供開始する。

 



柔軟なネットワーク構築vRXの特徴は、クラウド上で柔軟なネットワーク設計ができることだ。複数の物理拠点・複数のAmazon Virtual Private Cloud(VPC)を相互接続するなど、複雑なネットワーク構成も簡単に構築できる。AWSの異なるリージョンにあるインスタンス同士の仮想ネットワークを相互に接続できるほか、リアルの拠点とも結ぶことができる。

 

 

スマホやタブレットとも直接VPN接続が可能だ。vRXはIPsecのアグレッシブモードをサポートしているため、固定IPアドレス環境を用意する必要なく、動的IPアドレスからのVPNを受け入れることができる。また、NATトラバーサルにも対応しており、アドレスが動的なリモート環境やスマホからのVPN接続もできる。


 

なお、仮想ルーターの設定に使うコマンドは、ヤマハの既存のハードウェアルーターとほぼ同じだという。

 


ルーター仮想化のメリットルーターを仮想化することの最大のメリットはスケーラビリティにある。ハードウェアルーターのようにスペックが固定されていないためだ。例えば、数カ所に拠点を持つ企業が小さなインスタンス上にVPN10対地、10Mbpsの小さな仮想ルーターを構築し、数年後に拠点の増加に合わせてインスタンス性能を上げて5000対地、10Gbpsのルーターに変更することになっても、AWSの画面上で操作するだけで済む。

 

加えて、AWSのコンソール内でサーバーも仮想ルーターも一元管理できるというメリットもある。

 


vRXのユースケースとして最も多いと考えられるのが、これまでデータセンターに置いていた物理ルーターのクラウドへの移行だ。近年、サーバーに関してはオンプレミスのデータセンターからクラウドへの移行が進んでいる。しかしサーバーだけ移行した場合、データセンターに物理ルーターだけが残されることになり回線契約も継続する必要があるため管理やコスト面で懸念がある。ルーターを仮想化することで、必要な時に必要なスペックのルーターを用意でき、ネットワークの管理や変更などが簡便になる。

 

ライセンス体系は、スループットの上限と利用期間を定義した基本ライセンスと、この基本ライセンスに紐づけるVPNオプションライセンスがある。基本ライセンスは、最も速度が遅い「vRX基本ライセンス10Mbps 1年」の1万6500円から、最も速い「vRX基本ライセンス10Gbps 1年」の200万円までの6つのプランから選べる。今までコストを理由にネットワーク仮想化に着手できなかった中小企業も利用できるよう、小規模で安価なプランも用意したという。

また、1アカウントにつき1回限り、20日間限定で10Gbps、VPN対地数100(予定)の状態を試せるトライアルライセンスも提供する。

スペシャルトピックスPR

nttcom1906sp
saxa1906
NTTコムウェア1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます