企業ネットワーク最前線

<シリーズ>キャリアネットワークのメガトレンド

5G基地局はオープン化へ――ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN Alliance

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.07.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

仮想化/オープン化の波はコアネットワークから、ついにRAN(無線アクセスネットワーク)の領域にも及んできた。多様なハードとソフトを組み合わせて目的に応じたRANを作る。そんな世界が早ければ年内にも到来する。

 
NTTドコモ、AT&T、チャイナモバイル、ドイツテレコム、オレンジの大手キャリア5社が中心となり、2018年2月に設立したO-RAN Alliance。現在はキャリア19社と50社超のベンダーが参画するこの団体は、多様な装置/モジュールを組み合わせて構築できるオープンなRAN(Radio Access Network:無線アクセスネットワーク)を実現しようとしている。

従来のRANは、いわゆるメガベンダーが1社で提供することが多かった。オープン化によってこの状況を変え、エコシステム拡大によるコスト減や、RANを構成するコンポーネント単位での機能拡張を可能にしようというのがO-RAN Allianceの狙いだ。オープンなインターフェースを規定し、様々なベンダーが提供する“部品”を組み合わせられるようになれば、多様な要件への対応やサービス展開を迅速化したり、さらにはイノベーションが活性化したりといった効果が期待できる。

加えて、O-RAN AllianceはRANのインテリジェント化も目標に掲げている。

5GネットワークはLTE時代に比べて複雑化することが想定されており、人手による運用や最適化は困難になる。そこで、AI技術の活用等による最適化、ネットワーク運用自動化を目指した活動も進めている。

年内にも商用稼働か昨年2月の設立後、実質的には9月から本格的な活動が始まったO-RAN Allianceだが、今年に入って早くも目立った成果が現れた。

2019年3月に、C-RAN(Centralized RAN)構成におけるベースバンド処理部と無線部を接続するフロントホールのインターフェース仕様を公開した。O-RAN Allianceに参画するベンダーはこれに準拠した基地局装置を開発し、キャリアもテストを経て、2019年度から5Gの商用ネットワークに導入する方針を表明している。

この「O-RANフロントホール」によってキャリアは、複数ベンダーの親局と無線子局(Radio Unit:RU)をつないだマルチベンダーRAN(図表1)を構築することが可能になる。

 

図表1 マルチベンダーRANのイメージ
図表1 マルチベンダーRANのイメージ


5Gでは、カバー範囲の小さな基地局装置を多数設置する形でのRAN展開が見込まれているため、設置場所やフロントホールの確保が課題となる。マルチベンダー化によって選択肢が増えれば、設置環境や展開シナリオに応じて最適な基地局装置を活用できるようになる。

いち早く、このO-RAN仕様に準拠したRUを開発したのがNECだ。

3.7/4.5/28GHz対応の小型・軽量なRUを用意(図表2)。O-RANで活動する同社 ワイヤレスアクセスソリューション事業部 エキスパートの桶谷賢吾氏は、「今後、他ベンダーの装置との相互接続試験を進め、パートナーの製品を組み合わせてRANソリューションを提供していく」と語る。相互接続試験のテストスペックは、7月以降にファーストバージョンが公開される予定だ。

 

図表2 NECが開発したO-RANフロントホール仕様準拠の5G基地局装置
図表2 NECが開発したO-RANフロントホール仕様準拠の5G基地局装置


なお、公開されたインターフェース仕様は5Gと4G LTEの両方をサポートしているが、「NECとしては、5Gにフォーカスして展開していく」方針という。早ければ「2019年後半から来年にかけて、O-RAN準拠のRANによるサービスが始まるのではないか」と桶谷氏は展望する。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1907
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます