企業ネットワーク最前線

マルウェア検知の取引市場 クラウドソーシングでアンチウィルスに変革

文◎太田智晴(編集部) 2019.06.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

マルウェアの侵入を100%防ぐことはできない。そのため、侵入を前提にした対策が重要――。

現代のセキュリティ対策では“常識”となった考え方だが、もちろん入口対策の重要性が低下したわけではない。いかにマルウェアの検知率を向上させていくかは、引き続き大切なテーマだ。では、どうすればいいのか。

ユニークなアプローチでブレークスルーを図ろうとしているスタートアップ企業がある。米海軍のリサーチファームや米国家安全保障局(NSA)の出身者などが2017年に設立した米PolySwarm社だ。

同社が取り組むのは、マルウェア検知のクラウドソーシング――。誰でも参加可能なマーケットプレイスを介して、様々なアンチウィルス(AV)ベンダーや在野のセキュリティエキスパートなどの知見を取引可能にし、検知率の向上を実現しようとしている。

正解者には「報酬」ある調査によれば、新しい脅威は毎分400も見つかっている。しかし、「既存のAV製品の新しい脅威に対する有効率の平均は53~74%にとどまっている」とPolySwarm カントリーマネージャーの山本哲也氏は指摘する。

日々大量に作られる新しいマルウェアを検知するため、AVベンダーは努力し続けているが、そのためのリソースには当然ながら限りがある。しかも、各AVベンダーがバラバラに分析を行っているため、その限られたリソースの多くは、同じマルウェアの解析に重複して注がれている。これが、既存のAV製品の検知率が上がらない1つの要因だ。

そこでPolySwarmは、クラウドソーシングの仕組みを提供することにした。AVベンダーやマネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)などが、マルウェアと疑われるファイルを提出すると、マーケットプレイスに参加するAVベンダーやセキュリティエキスパートなどが判定して結果を返してくれる。“集合知”によって、マルウェアの検知率を高めようというわけだ。

マルウェアの解析・判定は、それぞれの参加者が開発したスキャンエンジンとPolySwarmのマイクロエンジンの組み合わせによりリアルタイムに行われ、解析者には仮想通貨で報酬が支払われる。APIを活用し、条件に合ったファイルをマーケットプレイスに自動で投げることも可能だ。

 

図表 PolySwarmのマルウェア検出マーケットの仕組み
図表 PolySwarmのマルウェア検出マーケットの仕組み


このように様々なAVエンジンを使ってマルウェアを判定できるサービスとしては、グーグルの子会社が提供する「VirusTotal」もあるが、PolySwarmの大きな特徴は、第三者による確認・評価が行われる点だという。「その判定は本当に正しかったのか。第三者が後で検証を行い、正解者にしか報酬を支払わない」(山本氏)。利用者は、評価の高いマイクロエンジンにのみ解析を依頼することも可能だ。第三者による評価は、ブロックチェーン技術で記録されるため、改ざんはほぼ不可能だという。

PolySwarmのサービスが始まったのは2019年になってのことだが、すでにマーケットプレイスには数十社が参加。ある大手AVベンダーも参加に向けて検証を進めているそうだ。「例えば、自社が不得意な領域は、PolySwarmで検知いただく。互いに不得意な領域を補い合うことで、検知率を高められる」(山本氏)。日本では、特にMSSPをターゲットに提案活動を行っていくという。

スペシャルトピックスPR

nttcom1906sp
saxa1906
NTTコムウェア1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます