企業ネットワーク最前線

マルウェア検知の取引市場 クラウドソーシングでアンチウィルスに変革

文◎太田智晴(編集部) 2019.06.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

マルウェアの侵入を100%防ぐことはできない。そのため、侵入を前提にした対策が重要――。

現代のセキュリティ対策では“常識”となった考え方だが、もちろん入口対策の重要性が低下したわけではない。いかにマルウェアの検知率を向上させていくかは、引き続き大切なテーマだ。では、どうすればいいのか。

ユニークなアプローチでブレークスルーを図ろうとしているスタートアップ企業がある。米海軍のリサーチファームや米国家安全保障局(NSA)の出身者などが2017年に設立した米PolySwarm社だ。

同社が取り組むのは、マルウェア検知のクラウドソーシング――。誰でも参加可能なマーケットプレイスを介して、様々なアンチウィルス(AV)ベンダーや在野のセキュリティエキスパートなどの知見を取引可能にし、検知率の向上を実現しようとしている。

正解者には「報酬」ある調査によれば、新しい脅威は毎分400も見つかっている。しかし、「既存のAV製品の新しい脅威に対する有効率の平均は53~74%にとどまっている」とPolySwarm カントリーマネージャーの山本哲也氏は指摘する。

日々大量に作られる新しいマルウェアを検知するため、AVベンダーは努力し続けているが、そのためのリソースには当然ながら限りがある。しかも、各AVベンダーがバラバラに分析を行っているため、その限られたリソースの多くは、同じマルウェアの解析に重複して注がれている。これが、既存のAV製品の検知率が上がらない1つの要因だ。

そこでPolySwarmは、クラウドソーシングの仕組みを提供することにした。AVベンダーやマネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)などが、マルウェアと疑われるファイルを提出すると、マーケットプレイスに参加するAVベンダーやセキュリティエキスパートなどが判定して結果を返してくれる。“集合知”によって、マルウェアの検知率を高めようというわけだ。

マルウェアの解析・判定は、それぞれの参加者が開発したスキャンエンジンとPolySwarmのマイクロエンジンの組み合わせによりリアルタイムに行われ、解析者には仮想通貨で報酬が支払われる。APIを活用し、条件に合ったファイルをマーケットプレイスに自動で投げることも可能だ。

 

図表 PolySwarmのマルウェア検出マーケットの仕組み
図表 PolySwarmのマルウェア検出マーケットの仕組み


このように様々なAVエンジンを使ってマルウェアを判定できるサービスとしては、グーグルの子会社が提供する「VirusTotal」もあるが、PolySwarmの大きな特徴は、第三者による確認・評価が行われる点だという。「その判定は本当に正しかったのか。第三者が後で検証を行い、正解者にしか報酬を支払わない」(山本氏)。利用者は、評価の高いマイクロエンジンにのみ解析を依頼することも可能だ。第三者による評価は、ブロックチェーン技術で記録されるため、改ざんはほぼ不可能だという。

PolySwarmのサービスが始まったのは2019年になってのことだが、すでにマーケットプレイスには数十社が参加。ある大手AVベンダーも参加に向けて検証を進めているそうだ。「例えば、自社が不得意な領域は、PolySwarmで検知いただく。互いに不得意な領域を補い合うことで、検知率を高められる」(山本氏)。日本では、特にMSSPをターゲットに提案活動を行っていくという。

スペシャルトピックスPR

kccs1904
nttdata1904
kmk1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます