新製品&新サービス

富士通、sXGP対応の法人スマホ「ARROWS M359」

文◎business network.jp編集部 2019.06.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

富士通コネクテッドテクノロジーズは2019年6月7日、法人向けスマートフォン「ARROWS M359」を発表した。sXGPへの対応が最大の特徴の1つで、10月から販売開始する予定。

sXGPは、自営PHSで使われている1.9GHz帯を用いるプライベートLTE規格で、自社内のみで利用可能な自営LTE網を実現できる。富士通コネクテッドテクノロジーズによれば、「セキュアで安定した無線通信環境を広い範囲に構築できるため、広大なコンビナートや公衆LTEの電波が届かない山間部などでも通信料金を気にせず安定した通信、通話が可能」だという。

また、ARROWS M359はSIMロックフリーで、NTTドコモ、au、ソフトバンク及びMVNO各社を利用できる。Wi-Fiのみでも安定した通信を可能にするというWi-Fiハンドオーパー規格にも対応する。

このほか、落下時の画面割れに強い堅牢性や防水・防塵性能、ユーザーの要望に応じたカスタマイズやセットアップ作業、長期にわたる端末の継続供給なども特徴だとしている。

「FUJITSU Smartphone ARROWS M359」
「FUJITSU Smartphone ARROWS M359」

スペシャルトピックスPR

intel1906
extreme1906
nttcom1906sp

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます