新製品&新サービス

パロアルト、AI活用でセキュリティ人材不足を解消する新プラットフォーム

文◎原田果林(編集部) 2019.04.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

パロアルトネットワークスは2019年4月5日、セキュリティプラットフォームの新サービス「Cortex」の提供を開始したと発表した。

CortexはAI活用に特化したセキュリティプラットフォームで、脅威の検出・調査・対処を行う「Cortex XDR」や、エンドポイントの防御を行う「Traps 6.0」など複数のアプリケーションから構成される。

代表取締役会長兼社長のアリイ・ヒロシ氏は、デジタルトランスフォーメーションやクラウド移行が増えてきている中で、人手不足の解消やセキュリティコストの削減を実現するため、Cortexを提供したと語った。

パロアルトネットワークス 代表取締役会長兼社長 アリイ・ヒロシ氏
パロアルトネットワークス 代表取締役会長兼社長 アリイ・ヒロシ氏


 
サイバーセキュリティ営業本部 セールスマネージャーの広瀬努氏は、サイバー攻撃のうち99%は様々なツールによって阻止できるが、1%の非常に高度なものに対しては検知自体が難しいと説明する。

1%のサイバー攻撃は防ぐことが難しい
1%のサイバー攻撃は防ぐことが難しい


 
多くの企業は、独立した複数のセキュリティツールを導入することでこれらの攻撃に対応している。しかし独立したツールが増えるとアラート件数や検知した脅威のログデータも増えるため、対応や解析に時間が多くかかってしまうという課題があった。これらの課題を解決し、検知自体が難しかった高度な攻撃の検知・調査を行うのがCortex XDRだという。

サイバーセキュリティ営業本部 セールスマネージャー 広瀬努氏
サイバーセキュリティ営業本部 セールスマネージャー 広瀬努氏

 

Cortex XDRは、同社が提供するCortex Data Lakeに蓄積されたネットワーク、エンドポイント、クラウドにまたがるログデータをAIが総合的に分析するアプリケーション。AIが企業内の各端末のアクティビティやプロファイルを基にプロファイリングと学習を行い、攻撃を自動検出する。

脅威を検出した後は根本原因の調査や重篤度の判定といった分析作業が必要になるが、これも同アプリケーションから可能だ。蓄積されたログデータから攻撃の全体像から詳細まで把握できるほか、攻撃の背景や前後関係をまとめて通知する機能も搭載されている。

これまでセキュリティアナリストが人力で行っていた脅威の分析を、AIが大量のデータを処理して迅速に行うことで、生産性の向上やセキュリティ人材の不足に対応するという。

攻撃への対応にはエンドポイントの防御を行うTraps 6.0を利用する。以前から提供していたTrapsに振る舞い型脅威防御エンジンを追加し、ファイルレス攻撃などの高度な攻撃からの保護機能を強化した。

また、エンドポイントのイベントを監視することで脅威が阻止できるほか、時系列でエンドポイントの詳細な動作を確認することもできるという。他にも管理コンソールからインシデントの対処が可能になり、端末のネットワーク隔離やプロセス停止ができるなど、Trapsから多くの機能が追加されたという。

Cortex XDRの基本構成は、Cortex XDRとログデータを蓄積するCortex Data Lake、エンドポイントセンサー(Traps)、とネットワークセンサー(次世代ファイアウォール)だといい、同社はこの構成を推奨している。Cortex XDRとCortex Data Lakeの組み合わせは必須だが、推奨の構成以外にも、ネットワークセンサーのみ、エンドポイントセンサーのみの構成も提供する。

Cortex XDRの構成パターン
Cortex XDRの構成パターン


 
Cortexの対応アプリケーションはCortex HubというWebサイトで提供される。Cortex Data Lakeもここから入手できるが、サードパーティやユーザーが作成したアプリケーションも提供されるという。

広瀬氏はCortexを提供した理由について、セキュリティ人材不足の解消と生産性の向上によって新たなイノベーションをもたらすためだと説明。今後の展開について、「AIを使った自律的なSOCを目指す。Cortex XDRによって我々はマーケットをリードしていくが、今後これに追随、あるいは競争するような新しいアプリケーションが誕生することも願っている」と語った。

スペシャルトピックスPR

cyber1903
zeta1903
sonet1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904A

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークス「ワイヤレスジャパン」に出展!
Wi-FiとIoTをAIが自動で管理

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます