キーパーソンが語る

「スマートホームはAIなしでは巨大なリモコン」、JAIST 丹康雄教授に聞くIoTライフの未来

聞き手◎太田智晴(編集部) 2019.01.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

北陸先端科学技術大学院大学
先端科学技術研究科 教授
丹康雄氏

苦戦続きだったスマートホーム市場――。しかし今、「ようやくピースが揃った」と長年にわたりスマートホームに携わってきた北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)の丹教授は語る。ただし、マーケットの構造は以前と同じではない。クラウド化が進展するなか、“家”という物理的な空間の制約は取り払われ、「スマートホーム」から「スマートライフ」へのシフトが始まっているという。


――スマートホームの世界では今、一体どのような変化が起きているのでしょうか。

 これまでのスマートホームの歴史は、“失敗の歴史”と言えるわけですが、その理由は「ピースが欠けている状態でパズルを完成させようとしていたから」です。

実は2000年頃、当時の技術を集大成したスマートホームを作り上げたことがあります。Plastic Optical Fiberという太い光ファイバーで屋内を配線しており、ビデオを64チャンネルまで流すことができるし、当然ながら白物家電もコントロールできます。今のDLNAなどよりも、よほど良くできていました。

しかし、我々は気付きました。「巨大なリモコンを作ってしまった」と――。

「なぜ、これほどのコストをかけて、隣の部屋の白物家電や照明を操作しないといけないのか」と作った当人たちがすごく悩んだわけです。

このとき、「人間が家をコントロールするという世界から、完全に脱却する必要がある。AIのようなインテリジェンスが、いろいろなモノをコントロールする世界にならなければならない」と理解しました。

クラウドにつながった組込みコンピューターのことを何と呼ぶのか。「IoT」という言葉に収束したのは2015年頃のことですが、それまでは大変苦労していて、日本では「スマートユビキタス」と呼んでいました。聞き覚えのある言葉ですよね。

「ユビキタスコンピューティング」を1980年代末に提唱したマーク・ワイザーは、AIをむしろ否定していました。AIなどなくても、少し賢い“道具然”とした組込みコンピューターが世の中に広まり、そのモノ同士が互いに連携することで、「人類は十分幸せになれる」というのが彼の考えだったのです。

――ところが、AIなしで作ることができたのは「巨大なリモコン」だったと。

 元々のユビキタスには、広帯域の常時接続という要素も入っていませんでした。

しかしその後、2000年代に常時接続ブロードバンドが実現し、Web2.0でネット上に新しいタイプのデータベースが出現します。

1人ひとりは自分のために活動しているだけなのに、様々なデータがプラットフォーム上に溜まっていくデータベースです。当時の流行り言葉でいえば「集合知」ですね。そして、その背後には、巨大な情報処理機構があり、集まったデータを高度に処理することができます。

IoTを実現するためには、(1)組込みコンピューターと機器連携、(2)常時接続ブロードバンドインターネット、(3)Web2.0以降のネット上の強力なインテリジェンスの3点セットが必要ですが、この3つが揃ったのは2005年頃のことでした。

では、“IoT元年”となった2015年と2005年の違いは何なのか。それは、情報処理能力です。

Web2.0の頃はテキストデータが中心でしたが、センサーデータや画像データから意味ある情報を生み出すことが、今ようやく可能になったわけです。その前夜には、2012年のディープラーニングというブレークスルーもありました。こうした要素がすべて積み上がり、ようやく2015年の段階で、IoTを本当に語っていい素地ができたのです。

他方、大きな懸念である個人データの帰属問題については、GDPR(EU一般データ保護規則)が2018年に施行されました。アクセルを踏む側のピースが揃う一方、懸念される事態に対してブレーキをかける側も出てきました。

ちょうどよいバランスで、IoTの現実化に向けてスタートを切ったというのが、現在の状況だと思っています。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

丹康雄(たん・やすお)氏

1993年東京工業大学理工学研究科博士後期課程修了、工学博士。同年北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科助手。同情報科学センター助教授を経て、2001年に情報科学研究科助教授、2007年から教授。JEITA スマートホーム部会部会長、DCアライアンス 議長、エコーネットコンソーシアム アドバイザリフェロー、総務省 情報通信審議会 専門委員、スマートIoT推進フォーラム 技術戦略検討部会 技術・標準化分科会長、情報通信技術委員会(TTC)特別委員などを務める

スペシャルトピックスPR

silverpeak1904
yamaha1901
tcloud

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
これからの企業ネットワークの
教科書  2019年度版
◆IoT時代の無線化オフィス ◆NW機器もサブスク化? ◆これが正解! 有線LAN高速化 ◆NW管理はマルチドメインで ◆常時SSL時代のセキュリティ

●[インタビュー] NTT 代表取締役副社長 井伊基之氏「GAFAに伍する国際競争力を」/●本格普及期へ突入するSD-WAN/●ファーウェイが“疑念”に反論/●MWC19 Barcelonaレポート/●セキュリティ人材不足時代の次世代FW/UTM/●NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904A

スペシャルトピックス

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

CDNetworks中国でのWeb配信を8.5倍高速化
その真相とは?

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

アクセスランキング

tc1904
w59

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます