ビジネス・企業

ノキアがクルマ向け通信「C-V2X」の取り組みを紹介、「2020年から実装開始」

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ノキアは2018年10月30日、クルマ向けの通信規格である「セルラーV2X」の最新動向に関する記者説明会を開催した。自動車メーカーや通信事業者などで構成する「5GAA(5G Automotive Association)」の動向や、ノキア自身が手がける実証実験の成果などを紹介。2020年に予定されている車両への搭載に向けて、世界各地でトライアルが進んでいる。


セルラーV2X(C-V2X)とは、セルラー通信を使ってコネクテッドカーを実現するための技術を総称したものだ。車車間(V2V:Vehicle to Vehicle)、車両-道路インフラ間(V2I:Vehicle to Infrastructure)、車両-歩行者間(V2P:Vehicle to Pedestrian)などで通信を行うことを目的に、LTE技術をベースとして2017年に標準規格が策定された。


C-V2Xの概要


ノキアでCar2X 事業責任者を務め、5GAAのボードメンバーの1人でもあるウベ・プュッツラー(Uwe Puetzschler)氏によれば、「2020年までにこの技術を車両に実装する」ため、世界中でトライアルやPoCが進められているという。5GAAは「C-V2Xの標準化機関ではなく、C-V2Xを市場に導入すること」と同氏は話し、ユースケースの開拓やエコシステムの構築に注力していると強調した。また2020年には、LTEの次世代規格である第5世代移動通信システム「5G」の商用化も予定されているが、「5GもV2Xに適用する」計画だ。

C-V2Xの適用領域としては3つのターゲットが想定されているという。1つが「インフォテイメント」で、現在もカーナビゲーションシステムやITS等で実現されている情報/コンテンツ提供サービスが、さらに高度化されることが期待されている。

2つめは、交通の効率化だ。クルマとその周辺のモノ(歩行者や自転車、道路インフラ)が情報を交換することで、安全かつ効率的な移動を実現する。

そして最後が自動運転である。自動運転には主に、車両に搭載された各種センサーから得られる情報が使われるが、その範囲外の情報をC-V2Xによって得ることで自動運転の完成度を高めようとする取り組みも進んでいる。



ノキア Car2X 事業責任者 ウベ・プュッツラー氏(左)と、
ノキアソリューションズ&ネットワークス テクノロジー統括部長 柳橋達也氏


世界各地で進むトライアル
このC-V2Xには、2つのタイプの通信方式がある。近傍の車両同士が通信し合うような場合に用いられる「short range direct communications」(LTE-V2X PC5/5G-V2X PC5、以下「PC5」)と、複数のクルマが携帯電話基地局と広域な通信を行うための「Long range Cellular network communications」(LTE-V2X Uu)だ。

現在、近距離のPC5の領域では、5.8GHz帯のISMバンドを用いるDSRC(狭域通信)が主に使われているが、5GAAではこの近距離通信にもC-V2Xを適用すべく活動を進めているという。2018年前半にはワシントンとパリで自動車メーカーが参加したV2Vのデモも実施。下の図のように、PC5も含めた様々なC-V2Xのユースケースが検証された。



C-V2Xのユースケース


また、プュッツラー氏は、このほかにも多くのプロジェクトが各地で行われていることを紹介した。

ドイツでは、ノキアとコンチネンタル、Tモバイル等が、マルチアクセス エッジコンピューティング(MEC)技術を使った「Car2MEC Project」を実施。C-V2Xを使って車両に対して警告を伝えるほか、自動運転を支える技術の1つであるHD Map(3次元地図)の配信を行った。

また、イタリアとオーストラリア、ドイツを結ぶ幹線道路では、5G技術を用いてコネクテッドカーと自動運転車を実現しようとする「5G-CARMEN」と呼ぶプロジェクトも行われている。BMWやTモバイル、チップベンダーのクアルコムのほか、道路を運営する「ロードオペレーターも加わって進められている」点が特徴的だという。

スペシャルトピックスPR

sandi1910
basix1910
sunntsu1910

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G、IoTと超高齢社会
<Part1>ローカル5Gで農業革命 <Part2>救急医療×5Gで命救う <Part3>MaaSで支える高齢社会 <Part4>ドコモが目指すSDGs
<Part5>障がい者は「先駆者」

●[インタビュー] 富士通 執行役員常務 松本端午氏「5G時代の新価値をトータル提供。インフラだけでは投資回収できない」 ●FMC対応クラウドPBX本格普及へ ●失敗しないISDN/PHS移行 ●ローカル5Gで「独走」目指すエイビット ●KDDIがHW/SW分離型ルーターを内製 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

アクセスランキング

tc1904
banner27

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます