ニュース

NTTコムが2019年度にデータ流通プラットフォームを提供――「フルスタックが強み」と庄司社長

文◎村上麻里子(編集部) 2018.10.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズの庄司哲也社長は、「NTT Communications Forum 2018」の基調講演で、2019年度中にデータ流通プラットフォームを提供する構想を明らかにした。併せて、eSIMやフルMVNOサービスも国内で開始する。

NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は10月4日、都内でプライベートイベント「NTT Communications Forum 2018」を開催した。代表取締役社長の庄司哲也氏は「デジタルトランスフォーメーションが創造する未来――The Future is Here――」をテーマに基調講演を行い、2019年度にデータ流通プラットフォームを提供することを明らかにした。

 
 NTTコミュニケーションズの庄司哲也社長

ICTの活用でビジネスを変革したり、新たなビジネスを創出するデジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を集めている。しかし、何から取り組めばいいか分からなかったり、DXを実現して何が変わるのか分からない、と悩む企業が少なくないという。「NTTコムはそうした企業に寄り添い、共にDXを実現する信頼されるパートナー、すなわちDX Enabler(DXイネーブラー)を目指したい」と庄司社長は語った。

続いて、DXが実現された2030年頃にビジネスがどのように変化しているのか、「マーケティング」「ビジネスプロセス」「ワークスタイル」の3つに分けて動画が紹介された。いずれのシーンでもDX実現の重要な要素となっているのが、ビッグデータだ。企業の活動や個人の行動はデジタルデータ化され、そこから得られるビッグデータを分析・加工し、付加価値化するようになると予想する。

このようにデータをインフォメーション、インテリジェンスへと進化させることでDXが実現するため、庄司社長は「データを収集・蓄積・分析するためのプラットフォームが求められる」と指摘。「NTTコムとしてもデータ利活用に最適なデータ流通プラットフォームを展開したい」と述べた。

NTTコムのデータ流通プラットフォームは①柔軟なアーキテクチャー、②豊富な機能のラインナップ、③データを安心して預けられるセキュリティ・マネージドサービスを特徴とする。

 
 NTTコムのデータ流通プラットフォームの3つの特徴

まず柔軟なアーキテクチャーについては、これまで培ってきたSoftware-Defined技術をさらに発展させ、仮想化された様々な機能をユーザーのICT環境の中で最適な場所に配置するマルチオーケストレーターの開発に取り組んでいる。

クラウド上のサーバーやストレージは専用のコントローラーで管理する必要があったが、インフラだけでなく仮想化された機能も含めて一元的にコントロールすることで、迅速な対応が可能になる。

例えば、工場機械の稼働データを収集・活用を例に取ると、データを収集するためのネットワーク、データを保管するストレージ、さらにセキュリティ対策などを準備する必要があり、膨大な手間と時間がかかる。しかし、このデータ流通プラットフォームがあれば、ポータルから要望を伝えるだけで、必要な機能が自動的に配置され、すぐに利用することができるという。

マルチオーケストレーションは、NTTグループの「コグニティブ・ファウンデーション」と呼ばれる仕組みを活用。また、IoTデバイスとしてエッジからのデータ収集をより効率的に行えるeSIMを国内でも提供するとともに、国内外でのIoT利用を想定し、フルMVNOサービスも提供する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810prtg
1810riverbed
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます