ニュース

NTTコムが2019年度にデータ流通プラットフォームを提供――「フルスタックが強み」と庄司社長

文◎村上麻里子(編集部) 2018.10.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズの庄司哲也社長は、「NTT Communications Forum 2018」の基調講演で、2019年度中にデータ流通プラットフォームを提供する構想を明らかにした。併せて、eSIMやフルMVNOサービスも国内で開始する。

NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は10月4日、都内でプライベートイベント「NTT Communications Forum 2018」を開催した。代表取締役社長の庄司哲也氏は「デジタルトランスフォーメーションが創造する未来――The Future is Here――」をテーマに基調講演を行い、2019年度にデータ流通プラットフォームを提供することを明らかにした。

 
 NTTコミュニケーションズの庄司哲也社長

ICTの活用でビジネスを変革したり、新たなビジネスを創出するデジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を集めている。しかし、何から取り組めばいいか分からなかったり、DXを実現して何が変わるのか分からない、と悩む企業が少なくないという。「NTTコムはそうした企業に寄り添い、共にDXを実現する信頼されるパートナー、すなわちDX Enabler(DXイネーブラー)を目指したい」と庄司社長は語った。

続いて、DXが実現された2030年頃にビジネスがどのように変化しているのか、「マーケティング」「ビジネスプロセス」「ワークスタイル」の3つに分けて動画が紹介された。いずれのシーンでもDX実現の重要な要素となっているのが、ビッグデータだ。企業の活動や個人の行動はデジタルデータ化され、そこから得られるビッグデータを分析・加工し、付加価値化するようになると予想する。

このようにデータをインフォメーション、インテリジェンスへと進化させることでDXが実現するため、庄司社長は「データを収集・蓄積・分析するためのプラットフォームが求められる」と指摘。「NTTコムとしてもデータ利活用に最適なデータ流通プラットフォームを展開したい」と述べた。

NTTコムのデータ流通プラットフォームは①柔軟なアーキテクチャー、②豊富な機能のラインナップ、③データを安心して預けられるセキュリティ・マネージドサービスを特徴とする。

 
 NTTコムのデータ流通プラットフォームの3つの特徴

まず柔軟なアーキテクチャーについては、これまで培ってきたSoftware-Defined技術をさらに発展させ、仮想化された様々な機能をユーザーのICT環境の中で最適な場所に配置するマルチオーケストレーターの開発に取り組んでいる。

クラウド上のサーバーやストレージは専用のコントローラーで管理する必要があったが、インフラだけでなく仮想化された機能も含めて一元的にコントロールすることで、迅速な対応が可能になる。

例えば、工場機械の稼働データを収集・活用を例に取ると、データを収集するためのネットワーク、データを保管するストレージ、さらにセキュリティ対策などを準備する必要があり、膨大な手間と時間がかかる。しかし、このデータ流通プラットフォームがあれば、ポータルから要望を伝えるだけで、必要な機能が自動的に配置され、すぐに利用することができるという。

マルチオーケストレーションは、NTTグループの「コグニティブ・ファウンデーション」と呼ばれる仕組みを活用。また、IoTデバイスとしてエッジからのデータ収集をより効率的に行えるeSIMを国内でも提供するとともに、国内外でのIoT利用を想定し、フルMVNOサービスも提供する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

hytec1811
mi1811
yamaha1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます