企業ネットワーク最前線

<特集>海のIoT

IoTで「獲る漁業」から「見守る漁業」へ

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

漁業は今や多くの国で、収益性の高い成長産業となっている。その一方で日本の漁業は何十年も衰退の一途を辿ってきた。IoTを活用したスマート漁業が、この現状を変える切り札になる。

 
およそ30年前の1984年には世界第1位の生産量(1282万トン)を誇った日本の漁業。その勢いは急速に陰り、生産量は2015年に4割以下の469万トンまで落ち込んだ(農林水産省 漁業・養殖業生産統計)。

一方、世界の漁業生産量は、同じ30年間で2倍以上に伸びた(8786トンから1億9977万トン)。実は、世界的に見ると漁業は“成長産業”なのだ。漁業先進国は収益性も高く、例えばアイスランドにおける漁業者1人当たり生産量は225トン。日本の27トンとは大きな開きがある。

世界と我が国の顕著な違いが、養殖業の発展だ。世界では養殖生産が漁業生産量全体の約5割を占めるが、日本はわずか2割。実は1980年代から日本の養殖業の生産量はほとんど増えていない。

養殖業をIoTで成長産業に漁業が衰退した要因は、海外勢との競争激化や温暖化による環境変化、就業者の減少や高齢化など様々あるが、ICT活用の遅れもその1つだ。日本では未だに水温や栄養塩(リンや窒素等のことで、低下すると漁獲量の低下を招く)の継続的な調査が十分に行われておらず、経験や勘に頼り獲りに行く漁業スタイルが続いている。海の環境が変化するなか、漁獲量の安定化は難しくなる一方だ。

そこで期待されるのがIoTである。センシング技術によって漁場の環境を可視化し、経験・勘に頼ってきた漁業の検証や改善、そして次世代への継承に役立てる。そんな“見守り育てる”漁業が全国で広がり始めた。

先行しているのが、養殖業だ。

2016年3月に宮城県東松島市の牡蠣・海苔の養殖漁場で、NTTドコモらがセンサーと通信モジュールを搭載した「ICTブイ」を使った遠隔モニタリングの実証実験を開始した。2017年10月から「ICTブイソリューション」サービスとして販売を始め、現在では佐賀や熊本、福岡、愛知、岡山等の海苔養殖、長崎県対馬の真珠養殖等にも導入されている。

NTTドコモが宮城県東松島市等へ提供しているICTブイ(Ⅰ型)。水温等を自動計測し、3G回線経由でクラウドへデータを送る。スマートフォンアプリ「ウミミル」(右)からデータを閲覧できる。ブイは、市販のフロートを使うことで漁協でも交換部品を調達しやすくするなど、構造に工夫を凝らしている
NTTドコモが宮城県東松島市等へ提供しているICTブイ(Ⅰ型)。水温等を自動計測し、
3G回線経由でクラウドへデータを送る。スマートフォンアプリ「ウミミル」(右)からデータを閲覧できる。
ブイは、市販のフロートを使うことで漁協でも交換部品を調達しやすくするなど、構造に工夫を凝らしている



NTTドコモ 地域協創・ICT推進室 第二・第一担当 担当課長の山本圭一氏は、生産者からの評価について次のように話す。

「これは漁師の方が欲しいものを形にしていった“現場から作ったサービス”。だから、最初は『こんなの見れても』という漁師さんも多いが、使ってみると、これはいいと言っていただける」
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ciena1906
netscout1908
synology1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます