ICT×未来

農業×IoTで「地方」を変える――TrexEdgeが目指すスマートビレッジとは?

文◎松本一郎(編集部) 2018.08.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

TrexEdge 代表取締役 池田博樹氏

昨年に設立されたスタートアップ企業のTrexEdge。スマホを使った農作業の見える化や、LoRaWANを活用した物流シェアリングなど、IoTによる農業改革に取り組んでいる。

 
「東京や大阪をモデルにしたスマートシティを、そのまま地方に持っていっても失敗する。『スマートビレッジ』をコンセプトに、地方に適した最新技術を地方に直接持っていき、ビジネスモデルも含めて考えていく」。こう語るのはTrexEdge代表取締役の池田博樹氏だ。

TrexEdgeは「AI/IoT技術で地方の未来価値を最大に」という理念を掲げ、2017年6月に設立されたスタートアップ企業である。池田氏によると、スマートビレッジとは欧州発の考え方。「欧州には大都市用のスマートシティと地方用のスマートビレッジというコンセプトがあり、地方での生産から大都市での消費に至るまでのバリューチェーンを効率化するための研究が進んでいる」。TrexEdgeは、こうした欧州のモデルを参考に、農業をメインにスマートビレッジの実現に挑んでいる。

スマホで農家の働き方改革まず取り組んだのは、農業の「働き方改革」だ。農業経営支援アプリ「Agrion」を提供している。農業従事者がいつ・どこで・誰が・何をしたのかをスマートフォンで記録。これにより、農業従事者の働き方をグラフなどで見える化して課題発見に結び付けるためのモバイルアプリだ。

「例えば、ある農家は圃場をたくさん持っているが、遠くにある圃場については、移動時間を考えると赤字なことが分かった。Agrionで働き方を見える化すると、圃場の見回りにかかっているコストなども可視化できる。そうすると、ドローンや監視カメラなどを活用したほうがいいといったことが、はっきり分かってくる」

Agrionの画面。使いやすさを意識して開発されている
Agrionの画面。使いやすさを意識して開発されている


TrexEdgeは、Agrionで見つかった課題をIoTなどで解決するためのコンサルティングサービスも提供している。太陽光発電とネットワークカメラをセットにした「どこでもカメラセット」など、パッケージ化されたソリューションもある。

収集したビッグデータの分析によって見えてきた農業の課題を、IoTなどで1つひとつ解決していきながら、ビジネスを広げていこうというのがTrexEdgeの戦略だ。

なお、Agrionには無料版と有料版があり、有料版の月額料金は1グループ800円となっている。

LoRaWANで物流シェアAgrionで可視化された課題の1つに、物流の問題がある。大量に採れた収穫物を運ぶことができないため、現地で破棄している農家が少なくないという。

この課題解決を狙い、京都府与謝野町で行っているのが、IoT向け無線通信のLPWAを活用した「物流シェアリング」の実証実験である。

日本最大級となる約90平方kmをカバーするLoRaWANネットワークを与謝野町に構築。町の農業生産法人が所有する軽トラック20台にLoRaWANの通信モジュールを取り付けた。軽トラックの荷台には、積み荷の有無を検知するための音波センサーも搭載しており、軽トラックの現在地だけではなく、現在の積み荷の状況もリアルタイムで分かる。これによりUberの農業版を実現しようという試みだ。

さらに、町内の巡回バスにもLoRaWAN通信モジュールを付け、「人だけではなく、旅貨も混載した物流シェアリングを実現できないかの検証も始めている」という(図表1)。

 

図表1 京都府与謝野町の実証実験図表1 京都府与謝野町の実証実験

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます