ICT×未来

農業×IoTで「地方」を変える――TrexEdgeが目指すスマートビレッジとは?

文◎松本一郎(編集部) 2018.08.27

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

TrexEdge 代表取締役 池田博樹氏

昨年に設立されたスタートアップ企業のTrexEdge。スマホを使った農作業の見える化や、LoRaWANを活用した物流シェアリングなど、IoTによる農業改革に取り組んでいる。

 
「東京や大阪をモデルにしたスマートシティを、そのまま地方に持っていっても失敗する。『スマートビレッジ』をコンセプトに、地方に適した最新技術を地方に直接持っていき、ビジネスモデルも含めて考えていく」。こう語るのはTrexEdge代表取締役の池田博樹氏だ。

TrexEdgeは「AI/IoT技術で地方の未来価値を最大に」という理念を掲げ、2017年6月に設立されたスタートアップ企業である。池田氏によると、スマートビレッジとは欧州発の考え方。「欧州には大都市用のスマートシティと地方用のスマートビレッジというコンセプトがあり、地方での生産から大都市での消費に至るまでのバリューチェーンを効率化するための研究が進んでいる」。TrexEdgeは、こうした欧州のモデルを参考に、農業をメインにスマートビレッジの実現に挑んでいる。

スマホで農家の働き方改革まず取り組んだのは、農業の「働き方改革」だ。農業経営支援アプリ「Agrion」を提供している。農業従事者がいつ・どこで・誰が・何をしたのかをスマートフォンで記録。これにより、農業従事者の働き方をグラフなどで見える化して課題発見に結び付けるためのモバイルアプリだ。

「例えば、ある農家は圃場をたくさん持っているが、遠くにある圃場については、移動時間を考えると赤字なことが分かった。Agrionで働き方を見える化すると、圃場の見回りにかかっているコストなども可視化できる。そうすると、ドローンや監視カメラなどを活用したほうがいいといったことが、はっきり分かってくる」

Agrionの画面。使いやすさを意識して開発されている
Agrionの画面。使いやすさを意識して開発されている


TrexEdgeは、Agrionで見つかった課題をIoTなどで解決するためのコンサルティングサービスも提供している。太陽光発電とネットワークカメラをセットにした「どこでもカメラセット」など、パッケージ化されたソリューションもある。

収集したビッグデータの分析によって見えてきた農業の課題を、IoTなどで1つひとつ解決していきながら、ビジネスを広げていこうというのがTrexEdgeの戦略だ。

なお、Agrionには無料版と有料版があり、有料版の月額料金は1グループ800円となっている。

LoRaWANで物流シェアAgrionで可視化された課題の1つに、物流の問題がある。大量に採れた収穫物を運ぶことができないため、現地で破棄している農家が少なくないという。

この課題解決を狙い、京都府与謝野町で行っているのが、IoT向け無線通信のLPWAを活用した「物流シェアリング」の実証実験である。

日本最大級となる約90平方kmをカバーするLoRaWANネットワークを与謝野町に構築。町の農業生産法人が所有する軽トラック20台にLoRaWANの通信モジュールを取り付けた。軽トラックの荷台には、積み荷の有無を検知するための音波センサーも搭載しており、軽トラックの現在地だけではなく、現在の積み荷の状況もリアルタイムで分かる。これによりUberの農業版を実現しようという試みだ。

さらに、町内の巡回バスにもLoRaWAN通信モジュールを付け、「人だけではなく、旅貨も混載した物流シェアリングを実現できないかの検証も始めている」という(図表1)。

 

図表1 京都府与謝野町の実証実験図表1 京都府与謝野町の実証実験

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

ntt002
ntt001
viavi2204

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。