企業ネットワーク最前線

トヨタが考える「エッジコンピューティング×つながるクルマ」の具体策

文◎太田智晴(編集部) 2018.08.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

トヨタIT開発センター 大西亮吉氏

「モビリティ体験の進化のためには、自動車ビッグデータが非常に大事。ただ課題はキャパシティと拡張性だ」。そこでトヨタが解決策として注力するのがエッジコンピューティングである。トヨタIT開発センターの大西亮吉氏が、自動車ビッグデータ向けエッジコンピューティングについて講演した。

 
OpenStackの重要なユースケースの1つとして急浮上しているエッジコンピューティング。OpenStack Foundationは今年、エッジコンピューティングに関するホワイトペーパーをまとめ、さらに「Airship」と「StarlingX」という2つのエッジコンピューティング関連プロジェクトもスタートした。

こうした動きを反映し、8月2日・3日に都内で開催されたイベント「OpenStack Days Tokyo 2018」でも、エッジコンピューティングがメイントピックの1つとなった。

初日の基調講演では、トヨタIT開発センター システムアーキテクチャ研究部 ネットワークグループ グループリーダー / プリンシパル・アーキテクトの大西亮吉氏が「Automotive Edge Computing - ユースケースと要件」と題して、コネクテッドカー向けのエッジコンピューティングについて語っている。


「つながるクルマのデータ量は10億GB。これはヤバいぞ」大西氏によれば、コネクテッドカーのサービスは大きく3つに分類できる。クルマの走る・止まる・曲がるに直接関わる「ITS」、ナビゲーションやエンターテイメントなどの「テレマティクス」、クルマから集めた情報を分析して活用する「ビッグデータ」の3つである。

コネクテッドカーのサービスは3つに分類できる
コネクテッドカーのサービスは3つに分類できる


今回の講演でテーマとなったのは、「ビッグデータ」だ。トヨタは、クルマから集めたビッグデータを活用して運転支援を行ったり、API経由でカーシェアリングや保険などのサービスに提供したり、クルマの品質管理に利用するなどのビジョンを描いている。

ただ、こうしたビジョンを実現するうえでは、「システムのキャパシティや拡張性が大きな問題になる」という。そこで、解決策として取り組むのがエッジコンピューティングだ。

自動車ビッグデータの主なユースケース
自動車ビッグデータの主なユースケース


コネクテッドカーは、どれくらいのビッグデータを生み出し、システム側にはどれくらいのキャパシティが求められるのか。


大西氏は、「2025年頃、つながるクルマの台数は、全世界で1億台になると予想されている。これらのコネクテッドカーがクラウドに送ってくるデータ量は1~10EB/月。1EBは10億GBだ」と説明。さらに、もっと地に足を付けて考えられるよう、日本国内で300万台のコネクテッドカーのビッグデータを処理すると仮定して、議論を深めていった。

「1台のコネクテッドカーが月に10GBをクラウドに上げると、入ってくるデータの量だけで30PB/月。仮に、書き込み速度が10GB/秒だとすると、単純に記録するだけでも1カ月以上かかることになり、ディープラーニングはおろか、データマイニングもできない。『これはヤバいぞ』ということ」

自動車ビッグデータの活用に向けて想定される課題
自動車ビッグデータの活用に向けて想定される課題



拡張性も大きな課題となる。

「データセンターのワンフロアくらいから始めて、だんだんと建物全体を占領し始め、さらには外に出ていくことになるかと思うが、用地取得や電源容量、通信容量などの拡張性の面を考えると、やはり非常に難しい」

これほどのビッグデータの“塊”は分散処理、すなわちエッジコンピューティングを活用しないと捌ききれないという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます