企業ネットワーク最前線

トヨタが考える「エッジコンピューティング×つながるクルマ」の具体策

文◎太田智晴(編集部) 2018.08.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

トヨタIT開発センター 大西亮吉氏

「モビリティ体験の進化のためには、自動車ビッグデータが非常に大事。ただ課題はキャパシティと拡張性だ」。そこでトヨタが解決策として注力するのがエッジコンピューティングである。トヨタIT開発センターの大西亮吉氏が、自動車ビッグデータ向けエッジコンピューティングについて講演した。

 
OpenStackの重要なユースケースの1つとして急浮上しているエッジコンピューティング。OpenStack Foundationは今年、エッジコンピューティングに関するホワイトペーパーをまとめ、さらに「Airship」と「StarlingX」という2つのエッジコンピューティング関連プロジェクトもスタートした。

こうした動きを反映し、8月2日・3日に都内で開催されたイベント「OpenStack Days Tokyo 2018」でも、エッジコンピューティングがメイントピックの1つとなった。

初日の基調講演では、トヨタIT開発センター システムアーキテクチャ研究部 ネットワークグループ グループリーダー / プリンシパル・アーキテクトの大西亮吉氏が「Automotive Edge Computing - ユースケースと要件」と題して、コネクテッドカー向けのエッジコンピューティングについて語っている。


「つながるクルマのデータ量は10億GB。これはヤバいぞ」大西氏によれば、コネクテッドカーのサービスは大きく3つに分類できる。クルマの走る・止まる・曲がるに直接関わる「ITS」、ナビゲーションやエンターテイメントなどの「テレマティクス」、クルマから集めた情報を分析して活用する「ビッグデータ」の3つである。

コネクテッドカーのサービスは3つに分類できる
コネクテッドカーのサービスは3つに分類できる


今回の講演でテーマとなったのは、「ビッグデータ」だ。トヨタは、クルマから集めたビッグデータを活用して運転支援を行ったり、API経由でカーシェアリングや保険などのサービスに提供したり、クルマの品質管理に利用するなどのビジョンを描いている。

ただ、こうしたビジョンを実現するうえでは、「システムのキャパシティや拡張性が大きな問題になる」という。そこで、解決策として取り組むのがエッジコンピューティングだ。

自動車ビッグデータの主なユースケース
自動車ビッグデータの主なユースケース


コネクテッドカーは、どれくらいのビッグデータを生み出し、システム側にはどれくらいのキャパシティが求められるのか。


大西氏は、「2025年頃、つながるクルマの台数は、全世界で1億台になると予想されている。これらのコネクテッドカーがクラウドに送ってくるデータ量は1~10EB/月。1EBは10億GBだ」と説明。さらに、もっと地に足を付けて考えられるよう、日本国内で300万台のコネクテッドカーのビッグデータを処理すると仮定して、議論を深めていった。

「1台のコネクテッドカーが月に10GBをクラウドに上げると、入ってくるデータの量だけで30PB/月。仮に、書き込み速度が10GB/秒だとすると、単純に記録するだけでも1カ月以上かかることになり、ディープラーニングはおろか、データマイニングもできない。『これはヤバいぞ』ということ」

自動車ビッグデータの活用に向けて想定される課題
自動車ビッグデータの活用に向けて想定される課題



拡張性も大きな課題となる。

「データセンターのワンフロアくらいから始めて、だんだんと建物全体を占領し始め、さらには外に出ていくことになるかと思うが、用地取得や電源容量、通信容量などの拡張性の面を考えると、やはり非常に難しい」

これほどのビッグデータの“塊”は分散処理、すなわちエッジコンピューティングを活用しないと捌ききれないという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nokia1812
1810yamaha
1810watchguard

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます